「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

接骨院がく伊勢崎韮塚院が皆さまに選ばれている理由

夜21時まで診療

幅広いニーズにお応えできるよう営業時間も広くとっています。最長で21時まで施術対応いたします。ぜひご利用ください。

待ち時間を少なく

少しでも待ち時間を少なく出来るよう多くのスタッフとともに施術を行っております。また、徹底した施術者への教育と高い施術レベルで患者さまにご満足いただけるよう励んでおります。

優れた医療機器の充実  

接骨院がく伊勢崎韮塚院にはプロのスポーツ選手も愛用している最先端の医療機器がそろっています。全ての方の怪我や痛みを治すことを追求した結果、他の医院では考えられないほどの設備が充実しました。 来院回数に応じて医療機器の無料お試しもできます。あなたに合った最適の医療機器を見つけてください。

徹底した施術者への教育による安心の施術を提供  

スタッフの施術レベルにも自信があります。定期的に勉強会を開き、みんなで日々技術向上を目指しています。患者さまの半歩先でリードし、二人三脚にて健康を提供いたします。

診療メニュー

一般診療

身体のお悩みを改善していきたい方へ、あらゆる痛みを解消できるよう万全な態勢でお待ちしております。

 

交通事故治療

交通事故のケガやリハビリは、接骨院でも自賠責保険で窓口負担0円で施術が可能です!!

 

 

スポーツ治療

スポーツ治療は、ケガをしない体づくり、運動を行う上で最高のパフォーマンスを出せるようお手伝いしております!

症状別メニュー

腰痛

つらい腰痛は原因も様々です。まずはご相談下さい!痛みの原因を根本から治療致します。

 

 

 

肩こり

肩こりや五十肩(四十肩)の痛みは、カラダのバランスを整える事が重要です。筋肉のつきかたやクセを見極めながら一人ひとりにあった治療をご提案致します。

 

頭痛

頭痛による肩こり、首の痛み、吐き気など日常お悩み方へ薬に頼らず症状を改善していきます。

 

 

産後の骨盤矯正

産後にほとんどの女性が抱える身体の痛みやお悩みはカラダの歪みからくるものです。

 

 

寝違え

朝起きて寝違え(寝違い)…つらいですよね。そんな時はいち早く当院へお越しください。少しでも早く炎症が抑えられるよう施術致します。

 

 

スポーツメンテナンス

スポーツを行われているすべての方に、パフォーマンスの向上のためにテーピングやストレッチなど最大限に発揮できるようサポート致します!

ご挨拶

「自分が患者だったら、こんな医院に通いたい」。私自身が抱いている理想の治療院を現実にしたのが、接骨院がく伊勢崎韮塚院です。
最高の治療をぜひあなたも体感してください。
おかげさまで、2015年には10周年を迎え、念願叶って新しい院も開院しました。
これからも地域の皆さまの健康のため、接骨院がく伊勢崎韮塚院は進化し続けます。どうぞよろしくお願いいたします!

接骨院がく 韮塚院 基本情報

院名 接骨院がく 伊勢崎韮塚院
住所 〒372-0813
群馬県伊勢崎市韮塚町1197-5
電話番号 0270-50-7833
診療時間 平日 9:00~12:30/14:30~21:00
土曜 09 : 00~14 : 30/午後休診
日曜/祝日 09:00~10:30交通事故・労災の方のみ診療(予約制)
※日曜・祝日の診療は伊勢崎茂呂院のみとなります。
定休日 日曜、祝日
※伊勢崎茂呂院のみ9:00~10:30に交通事故・労災の方の治療を行っております。(予約制)

接骨院がく 茂呂院 基本情報

院名 接骨院がく 伊勢崎茂呂院
住所 群馬県伊勢崎市南千木町2348-1
電話番号 0270-20-7833
診療時間 平日 9:00~12:30/14:30~21:00
土曜 09 : 00~14 : 30/午後休診
日曜/祝日 09:00~10:30交通事故・労災の方のみ診療(予約制)
※日曜・祝日の診療は伊勢崎茂呂院のみとなります。
定休日 日曜、祝日
※伊勢崎茂呂院のみ9:00~10:30に交通事故・労災の方の治療を行っております。(予約制)
ホームページ http://www.sekkotsuin-gaku.net/

接骨院がく 伊勢崎茂呂院

接骨院がく伊勢崎韮塚院治療情報

交通事故によるケガ。その痛みの軽減には整形外科よりも接骨院での施術がオススメです。 なぜなら、交通事故のケガには、手で触れながら痛みの原因を探る接骨院の施術が向いているからです。 「接骨院がく伊勢崎韮塚院」では、施術スタッフのレベル向上に日々努め、高度な医療器具を併用して、お客様ファーストの気持ちを持って患者さんに対応しています。


交通事故にあってケガをしたら病院より先に接骨院へ!その理由とは?


「交通事故にあって、ケガをした」。
まず、なにをすべきでしょうか?一般的に考えると、まず病院の整形外科で診察をしてもらい、レントゲンなどを撮って、診断書を書いてもらう…といったところでしょうか。

しかし、整形外科への通院経験がある場合を除けば、どの病院で診察を受けたらいいのか迷ってしまいそうです。事故にあって初めて「近所の整形外科はどこにあるのだろう?」と探し始める人も多いのではないでしょうか。

それに、病院に限ったことではありませんが、口コミや評判があまり当てにならないこともあります。実際に良い病院だったとしても、自分には合わなかったということもあるでしょう。

また、日常的に体のどこかが痛いという人は多いと思います。そういう人が交通事故にあって、その部分の痛みが増した場合でも、整形外科によっては「以前から痛かった箇所については、事故との関係があるか判断できません」と言われてしまうこともあるようです。中には交通事故患者の診察経験があまりない医師もいるでしょう。

もし交通事故後に痛みがあるようでしたら、病院よりも先に接骨院へ行くことをおすすめします。

整形外科でケガを診るというと、骨折していないか、ヒビが入っていないか、というように骨をメインに診察します。

それに対して接骨院は、骨と筋肉の両方から、痛みの原因がどこにあるのかを診ます。交通事故によるケガの場合、頚椎捻挫など筋肉が関わっているものがほとんどですから、正確に痛みの原因を知り、治療(接骨院の場合は施術になります)するのは、病院よりも接骨院の方が長けていると言えるでしょう。



 

 

むち打ちには大きく分けて4つのタイプがあります。どれも共通して初期治療が大切です。違和感を感じたら、できるだけ早く接骨院で治療を受けましょう。ここでは、それぞれのタイプや主な症状をご説明いたします。



交通事故にはケガがつきものですが、軽い事故の場合だと、すぐには自覚症状が出なかったり、検査で異常が認められないこともあります。しかし、後になって症状が現れることも多く、その場合、直接の原因が交通事故だと認識されにくいこともあるようです。

わずかな痛みや違和感でもそのままにしておくと、後遺症が出る危険性もゼロではありません。そうならないためにも、交通事故によって引き起こされる痛みがどのようなものかを理解しておきましょう。今回は交通事故によるケガの中で最も多いと言われる「むち打ち」について詳しくご説明いたします。

「むち打ち」とは、首がムチのようにしなって起こる症状の総称で大きく4つに分類されます。



1.頚椎捻挫型(けいついねんざがた)

頚椎(頭を支えるための骨)周辺の筋肉やじん帯など、レントゲンに写らない軟部組織が損傷して起きるものです。むち打ちの中では最も一般的で、全体の70〜80%を占めています。

簡単に言えば、首の捻挫による炎症です。交通事故の衝撃などによって首が激しく揺さぶられたなど、首周囲の筋肉やじん帯が過度に伸ばされたか断裂した状態を言います。

首を動かしたり伸ばしたりすると、首の後ろや肩が強く痛み、動きが制限されます。他にも首や背中のコリ、頭痛、目まいなどの症状が出ることもあります。8〜10週間程度で快方に向かうのが一般的ですが、その後も頭痛や違和感が残る人も少なくありません。

最も軽い損傷とされる「頚椎捻転型」

頚椎捻挫型になる手前の状態に、頚椎捻転型(けいついねんてんがた)があります。こちらは、頚椎周辺の筋肉やじん帯などが一時的に伸びてしまった状態のことを言います。

捻挫型と違い自然と正常な状態に戻ります。頭部、肩、背中などに数日間痛みやコリは残りますが、長期の治療が必要になったり後遺症が出ることはほとんどありません。



 

 

交通事故による痛みは、翌日以降に出てくるケースも珍しくありません。少し違和感があるだけでも、放っておくと後遺症につながる可能性もあります。交通事故の後に起こりやすい痛みの種類と、その治療方法についてご紹介します。



「交通事故に遭ってケガをした。病院へ行ってはいるけれど、まだ痛い……」
「事故直後は何ともなかったのに、何日かしたら痛みが……」
というケースは、珍しいことではありません。
少し違和感がある程度の痛みでも、後遺症につながる可能性はゼロではありません。

今回は、交通事故によるケガでよくある症状の原因と、主な治療方法についてご紹介します。我慢せずに、痛みを感じたらなるべく早く対処しましょう。

痛みその1:首の痛み

交通事故による痛みの中でも真っ先に思い浮かぶのは、首の痛みではないでしょうか。首にコルセットを巻いている状態が頭に浮かぶ方も多いのでは? 交通事故による首の痛みは、多くが「頚椎捻挫型のむち打ち症」によるものです。

頚椎捻挫(けいついねんざ)とは?

頚椎捻挫とは、交通事故などの衝撃によって首周りの筋肉やじん帯を痛め、炎症が起こるものです。別名「むち打ち症」ともいいます。事故直後から痛みを感じるケースもありますが、数時間後や事故の翌日など、後になってから首の痛みや腫れが出てくる場合もあります。

また、医療機関などで精密検査を受けても、損傷した部位がはっきりしないケースも。痛みが治まらない場合は、奥にある筋肉や神経組織がダメージを受けている可能性も考えられます。損傷部位がわからない場合は、交通事故に特化した接骨院などへ早めにご相談ください。

素人判断はせずに専門家よる施術がオススメ

筋肉やじん帯に炎症を起こしていると、過度なセルフマッサージや、無資格者の適当なマッサージは逆効果になるので気をつけましょう。事故による衝撃で歪んだ骨が筋肉を圧迫し続けている可能性もあります。

その場合は、まず骨を矯正して関節や椎間板への余分な負荷を取り除き、付随する筋肉や神経組織の負担を抑える施術が必要です。

首周辺には重要な神経が集中しています。素人判断による治療は大きなリスクが伴うことを忘れないでください。

脊椎捻挫などで歪んだ骨の矯正・症状に合わせたマッサージや鍼治療などは、専門的な知識が豊富で、交通事故によるケガに特化した施術ができる接骨院がオススメです。

当院の「ムチウチ治療プログラム」について


当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」では、交通事故による様々な症状に対応できるように、手技療法とムチウチ治療に有用な医療機器を組み合わせた治療を行っています。

事故のショックから自律神経が乱れ、症状が改善しにくくなっている患者さまには、痛みの少ない自律神経調整療法も用意しております。

精密検査が必要な患者さまには、その症状にあった病院や整形外科・クリニックの紹介もしておりますので、お気軽にご相談ください。



 

 

頭痛はその種類によって対処法が異なります。痛みがある時は、ついついこめかみや首などを揉んでしまいがちですが、逆効果になる場合もあるので注意しましょう。ここでは一般的な頭痛である「1次性頭痛」の対処法をご説明いたします。

日本では15歳以上の3人に1人が悩まされているという「頭痛」。そのタイプは大きく分けて2つあります。

ひとつは「2次性頭痛」といわれるものです。脳卒中や脳動脈瘤などの血管障害や、髄膜炎や腫瘍などの頭蓋内疾患がこれに該当します。このタイプの頭痛は命にかかわる危険性があり、多くの場合、医療機関での診察を受けることで特定されます。

もうひとつは、「1次性頭痛」といわれるものです。片頭痛(偏頭痛)や緊張性頭痛など、頭痛と聞いて一般的に連想されるのはこちらのタイプでしょう。

ここでは一般的な頭痛である「1次性頭痛」の対処法をご説明いたします。

1次性頭痛は、種類別に対処法が違う



1次性頭痛は、医療機関で検査を受けても原因がはっきりせず、とりあえず痛み止めや湿布薬を処方されるケースがほとんどです。しかし、それでは痛みを一時的に和らげることはできても、根本的な治療にはなりません。

頭痛は種類ごとに原因が異なるため、対処法もそれぞれ違ってきます。「接骨院がく」では、患者さんひとりひとりに丁寧なカウンセリングを行うことで、その痛みの原因を見極め、効果的な施術プランをご提案しています。

「片頭痛(偏頭痛)」は痛みがある時は安静に

片頭痛は、脳の血管が何らかの理由で収縮後、急に拡張する時に起こりやすいと言われています。この頭痛には次のような特徴があります。

*女性に多い
*一定の間隔がある。(月に1〜2回。月経前や月経中など)
*こめかみや目の周りが痛くなる
*頭の片方だけが痛い(まれに両側が痛くなることもある)
*吐き気を伴うことがある
*数時間から数日間、ズキズキとした痛みが持続する
*光や音で痛みが増すことが多い
*眠気やストレスを感じた後に起こりやすい
*遺伝の可能性が高い
*痛みのあまり寝込むなど、日常生活にも支障が出るケースがある

痛みがある時には、マッサージやストレッチなどは避けて、こめかみの辺りを冷やすなどしつつ、暗く静かな場所で安静にすると良いでしょう。痛みがある時は安静第一です。 痛みが治まったら、接骨院で診てもらうことをおすすめします。根本的な治療をするためには、身体のゆがみを取りバランスを調整し、筋肉を正常な状態に戻すことで、頭痛の原因を取り除いていくことが大切なのです。

 

 

体が痛くてマッサージをしてもらったのに効果がないのはなぜか?国家資格を持たないスタッフが、リフレッシュのためのマッサージを行った可能性があります。マッサージ店と接骨院(整骨院)の違いも併せてご説明します。



「腰のあたりが痛くてマッサージを受けたんだけど、なんだかあまり効果がないみたい……」そう思ったことはありませんか?

これは単に、施術したスタッフのマッサージ技術が低かったから…という話ではありません。むしろ、どこでマッサージを受けたのかが重要だと言えます。15〜30分程度のクイックマッサージを提供しているマッサージ店と、接骨院(整骨院)が行う手技とでは、その内容に大きな違いがあるのです。

「資格」と「目的」の違い=効果の違い



マッサージ店は資格不要


まず、マッサージ店では公的な資格がなくても施術を行うことができます。「未経験者歓迎」と書かれたマッサージ店の求人広告を見たことがあるという人もいるのではないでしょうか?

これは、マッサージ店での研修を数時間〜数日間受ければ、未経験者でもお客さまにマッサージを施しても良いことになっているからです。 中には、整体師やカイロプラクターといった民間資格を持っているスタッフもいますが、必ずしも全員が何らかの資格を持っているわけでありません。

「柔道整復師」〜接骨院のスタッフは国家資格を持っている

接骨院(整骨院)の施術スタッフになるためには、「柔道整復師」という国家資格を取る必要があります。決められた学校で3年以上勉強し、幅広い医療の知識と手技の習得度合いを問う国家試験に合格しなければ取得できない資格なのです。

国家資格を持った施術スタッフが行う手技と、最短で数時間の研修を受けただけのスタッフが行うマッサージでは、効果が違うのは当然と言えるでしょう。

「あん摩マッサージ指圧師」は国家資格


ただし、あん摩マッサージ指圧師は別です。こちらも柔道整復師と同様、指定の学校に3年間修学し、国家試験を合格した人だけが持てる資格です。

鍼灸マッサージ治療院などのスタッフはこの資格を持っています。リラクゼーション目的ではなく、気血の流れを良くして疾病を治癒させることが目的です。同じマッサージと名のつくものですが、町でよく見かけるマッサージ店とは、様々な点で異なります。



 

 

突然の腰痛!でも、それはぎっくり腰とは限りません。変形性腰椎症や椎間板ヘルニアの可能性もあります。それぞれの症状や原因について解説します。



何の前触れもなく腰に強烈な痛みが走って、その場から動けなくなってしまった。そのような経験はありませんか?
こうした症状は、一般的に「ぎっくり腰」だと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

ここでは、「ぎっくり腰」と、それ以外の腰痛である「変形性腰椎症」と「椎間板ヘルニア」について、それぞれの症状の違いと原因について説明していきたいと思います。

ぎっくり腰(急性腰椎症)とは?



ぎっくり腰の代表的な症状は、次の動作に移る瞬間、腰に強い痛みが走って動けなくなってしまうというものです。
上半身を起こすことすらできず、歩くことはもちろん、くしゃみをしただけで激痛が走る場合もあります。立っていられなくなり、生活に支障をきたします。

ぎっくり腰の原因とは?


ぎっくり腰の原因は人によって様々ですが、一般的には背骨を形成している骨が異常をきたすことによって、腰周辺の筋肉が炎症を起こし、神経が圧迫されて、強い痛みが生じると言われています。

はっきりとした前兆はありませんが、腰が突っ張っているような違和感を感じたら注意が必要です。

ぎっくり腰が起こりやすい時は?


ぎっくり腰というと、重い物を持ち上げようとして発症するようなイメージがありますが、実際にはそういうケースはそれほど多くありません。
ちょっと腰を曲げて物を拾おうとしたり、後ろを振り返るなど、日常生活におけるささいな動きでぎっくり腰になることの方が多いのです。

ぎっくり腰になったら、まず冷やすこと!


ぎっくり腰は、筋肉が腫れて炎症を起こしている状態なので、まずは患部を冷やすことが最優先です。

湿布を貼るのも良いですし、保冷剤などをタオルで巻いて患部に当てるのも効果的です。うつ伏せに横たわるだけでも痛みはやわらぐでしょう。
患部の熱が取れて炎症が治まれば、数時間後には動けるようになります。

まずは安静にすることが大切です。



 

 

関節痛や膝痛を引き起こしてしまうと普段の生活にも大きな支障を与えてしまいます。ここではそんな関節痛や膝痛についてご説明します。



一口に関節痛や膝痛と言っても、いくつかの種類があります。
ここでは、膝痛のなかでも特に多い「変形性膝関節症」と「スポーツによる膝の故障」についてご説明します。

変形性膝関節症は中高年に最も多い病気!?


変形性膝関節症は、膝関節でクッションの役割を担っている軟骨がすり減ったり、筋力が低下したりしてしまうことによって、膝の関節が炎症を起こしている状態を言います。

重度の場合は関節が変形して、関節本来の働きを果たせなくなることもあります。

初期の状態では痛みがすぐに緩和されることも多く、仮に長引いても年齢のせいだと諦める方も多い病気です。

患者数は全国で1,000万人以上とも言われ、中高年に最も多い病気とされています。

発症初期は症状が軽いことも多いけど……
初期の状態であれば、膝に軽い痛みや違和感を感じるといった程度の症状であることが多いです。

特徴としては、立ち上がる時や歩きはじめる時など、動作の開始時に痛みや違和感が強く出ることが挙げられます。

しかし、この痛みや違和感は長い間続くわけではなく、ほとんどの場合は、少し休めば自然と痛みもなくなります。

また症状の進行具合は人によって全く異なり、時間とともに痛みが増していく人もいれば、違和感程度の状態からほとんど進行が見られない人もいます。
とは言え、進行してからでは治すのも大変ですから、膝に痛みや違和感を感じた場合には早急に手を打つべきでしょう。

症状が進行すると日常生活にも支障が!


症状が進行すると、まず痛みがはっきりと分かるようになってきて、膝の曲げ伸ばしがしにくくなります。

これによって、座ったりしゃがんだりといった動作が辛くなり、階段や坂道を上り下りするだけでも非常に大変な思いをすることになります。

炎症がひどくなってくると、炎症を防ごうとして関節内に少量存在する「関節液」が過剰分泌され、いわゆる「膝に水が溜まった状態」になってしまいます。

「一次性」と「二次性」の違いは原因の明確さ


変形性膝関節症は、原因別に一次性と二次性に分けることができます。

加齢や筋肉の衰え、肥満などの理由から軟骨がすり減ったりすることで引き起こされる、はっきりと特定できる原因がないものを一次性と言います。

二次性はその逆で、リウマチや靭帯、半月板の損傷といった、病気やケガなどの原因がはっきりとわかるものを指します。



 

 

「出産後、体型が戻らない」「腰痛がひどくなった」…それは骨盤の歪みのせいかもしれません。産後2ヶ月から半年くらいまでの間に骨盤を矯正すれば、改善される可能性があります。産後に行う骨盤矯正のポイントなどを詳しくご紹介いたします。



「出産した後、体重は戻ったのに体型が戻らなかった…」
「産後、腰痛や肩こりがひどくなった!」
産後、このようなお悩みを抱えているママも多いのではないでしょうか。こうしたお悩みの原因の1つに、「骨盤の歪み」があげられます。
出産したから仕方ない、と諦めないでください。産後でも以下のような5つのポイントをおさえて骨盤矯正をすることで、骨盤の歪みを解消することができます。

1.骨盤矯正に最適な時期は「産後1、2ヶ月〜半年」くらい


妊娠すると、女性の体内では「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されます。リラキシンには、出産に向けて全身のじん帯の結合を緩める作用があります。この作用によって出産時には骨盤が大きく開くようになり、出産しやすい身体に変わるのです。

このようなリラキシンの影響もあり、産後の女性の身体はとても柔らかくてしなやかな状態です。骨盤矯正や産後リフォーム(産後の体型を元に戻すこと)には絶好の機会だと言えます。
産後しばらくすると、リラキシンの生成・分泌も止まります。6ヶ月を過ぎた辺りになるとリラキシンの影響も少なくなり、骨盤が動きづらくなる人が多いのです。

そのため、骨盤矯正は産後6ヶ月までに始めることで、より高い効果が期待できます。6ヶ月を過ぎてしまうと骨盤が動きづらいので、歪みの程度が強い状態だと矯正が困難になってしまうからです。

接骨院がくでは、国家資格である柔道整復師の資格を持つスタッフが、手技によって歪んだ骨を正しい位置に戻す施術を行なっています。効率的かつ効果的に骨盤矯正を行なうことができます。また、女性の柔道整復師が矯正を行いますので安心してすることができます。

2.日頃の姿勢を良くすることが基本!


当たり前のことに感じるかもしれませんが、日頃から姿勢を正しく保つことは非常に大切なポイントです。せっかく歪みが改善されても、日常的に姿勢が悪ければ元通りになってしまう可能性があるからです。

*バッグは同じ手で持たない、同じ肩にばかりかけない
*授乳中も猫背にならないようにクッションを使用する
*足組みや横座りなどは避ける
といったことを心がけ、なるべく正しい姿勢を保つようにしましょう。



 

 

姿勢が悪いと、肩こりや腰痛、内蔵トラブルに体型の崩れなど、様々な症状を引き起こす可能性があります。姿勢が悪化する原因別に、猫背の改善方法を徹底解説します。



正しい姿勢は、横から見ると背骨がSの字を描いている状態です。正しい姿勢の場合は胸部分の背骨が後ろにカーブしていますが、そのカーブの度合が強くなって背中が丸まり、肩や頭が前に出ると「猫背」になってしまいます。 猫背になると、肩こりや腰痛に陥るだけではありません。

*むくみ
*バストやヒップの垂れ下がり
*下腹がポッコリ
…といったようにスタイルも崩れてしまうのです。
特に女性にとっては嫌なことばかりですから、治せるものなら治したいですよね。

ここでは、猫背の改善方法を3つのケース別に詳しく解説したいと思います。

1.「骨盤スライドタイプ」デスクワーカーや赤ちゃんのいるママは注意


脚よりも前に骨盤が移動している方は、上半身が後ろに下がり顔が前へ出ている状態になるため、猫背になってしまいます。下記にあげた項目に当てはまる方は、「骨盤スライドタイプ」の猫背になっている可能性があります。

*デスクワークが多く、長時間座っていると後ろにふんぞり返るような座り姿勢になってしまう
*バストが下がる、お腹が出るなど、体型が崩れてきた
*お尻の位置が下がり、お尻と太ももの境目がわかりにくくなった
*ふくらはぎが疲れやすく、むくみやすい
*体重は多くないのに、お腹や脚が痩せない
*お腹が潰れるような状態になって、お腹に線が入ってしまう
*運動不足で筋力が低下している
*赤ちゃんを抱っこする機会が多い

先ほども説明したように、「骨盤スライドタイプ」の猫背は、骨盤が前へスライドしていることが原因で起こります。そのため、改善するには骨盤の位置を元に戻すことが重要です。また、お尻の筋力や股関節の柔軟性をつけることも欠かせません。このタイプは骨盤の位置を正常にするだけで猫背が改善する可能性もありますので、積極的に骨盤矯正を行いましょう。



 

 

「肩こり」と「五十肩」、似ているようで実は違います。肩こりは、筋肉の疲労からくるものが多く、五十肩の主な原因は加齢による関節炎です。対処法も含めて詳しくご説明いたします。



・「肩こり」と「五十肩」は似ているようで違う!

「肩こり」と「五十肩」はどちらも歳を取るにつれ、多くの人が悩まされる症状です。肩、首、背中などの筋肉がこわばることによって、重たく感じたり痛みを伴ったりします。

50歳前後のひどい肩こりが「五十肩」だと思っている人もいますが、そうではありません。確かに症状は似ていますが、実は「肩こり」と「五十肩」は別物なのです。

簡単に言うと、「肩こり」は筋肉疲労で、「五十肩」は関節炎からくるものなのです。では、その違いと対処法についてもう少し詳しくご説明しましょう。

「肩こり」は無理な姿勢や緊張からくる「筋肉疲労」


肩こりは、長時間悪い姿勢をとり続けたり、緊張が続くことで肩や首の筋肉が疲弊する症状です。肩に痛みや張り、だるさなどを感じるようになります。
頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)とも呼ばれ、肩だけではなく、首や背中も含めての疾患と考えられることが多いです。

「肩こり」という言葉を広めたのは夏目漱石!?


諸説あるようですが、「肩こり」という言葉を世に広めたのは夏目漱石だと言われています。小説『門』の中で肩こりについて語られる場面があり、それまで肩こりに該当する言葉自体がなかったことから、「漱石の造語ではないか?」と噂されるようになりました。

肩こりの主な原因は姿勢の悪さ


不自然な姿勢を長く続けていると、腹筋や背筋、腕の筋肉などがこわばることで、毛細血管が縮み、血管が圧迫されます。そうなると血行が悪くなり、体の末端まで酸素や栄養が行き届かなくなるので、疲労物質がたまっていきます。

これが肩こりの原因です。また、目の周囲の筋肉を酷使することで起こる眼精疲労も、肩こりに派生しやすいと言われています。
筋肉の深いところまで痛みやコリが広がると、不眠や頭痛を引き起こします。血行はさらに悪くなり、筋肉の硬直も進むため、末梢神経が圧迫されて腕などがしびれることもあります。

マッサージやストレッチは効果的だが、悪化させる恐れも?


肩こりの原因が、筋肉のこわばりによる血行不良である以上、そのこわばりを揉みほぐすマッサージは効果的だと言えます。

また、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも血行を促進させます(炎症を起こしている場合は、逆に冷やす必要があります)。ストレッチもある程度の効果は期待できます。長時間同じ姿勢を続けなくてはならない時は、定期的に身体を軽く動かすといいでしょう。

ただし、手足がしびれるなど末梢神経がダメージを受けている可能性があると、マッサージは逆効果です。その場合は専門家による適切な施術が必要になりますので、筋肉や関節ケアのスペシャリストである接骨院で診てもらうようにしましょう。できれば、そこまでひどくなる前に診察を受けることをオススメします。

接骨院がくでは、患者さん一人ひとりの筋肉の状態や癖をしっかりと見極め、できるだけ早く症状が改善するように、オーダーメイドな施術をご提案させていただきます。もし痛みを感じたら、できるだけ早くご相談ください。

子どもが肩こりしないのは血行がいいから


なぜ子どもは大人と比べて肩こりが少ないのでしょうか?「よく体が痛くならないものだ」と思うほどの寝相で眠っている子どもがいますよね。
子どもに肩こりが少ないのは、血行がいいからです。どんなに長時間、変な姿勢でいても、血液の流れがスムーズであれば、肩こりにはなりにくいのです。

しかし、最近は子どもでも肩こりに悩まされるケースが増えてきています。それは、基礎体温の低下からくる血行不良が原因のひとつとされています。「食生活の改善」「軽度の運動」「睡眠を十分にとる」の3つを実践すれば、基礎体温は上がってきますので、お子さんの肩こりも自然と解消されるでしょう。



 

 

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから