「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

汗で健康状態が分かる?「悪い汗」の見分け方と対処法・接骨院がく伊勢崎韮塚院

■汗にも種類がある?


夏の暑い時期や運動によって体を動かした時には誰しも汗をかきますが、この汗によって私たちの体は体温調節をしています。つまり健康な証拠。これは私たちの体のあらゆるところに存在している「エクリン汗腺」から出る汗で、サラサラと水っぽいのが特徴です。

 

「水っぽい」と書きましたが実際その主な成分は水で、体内にあるマグネシウムや鉄などのミネラルが殆ど含まれていないためサラサラしているわけです。ミネラルが含まれていないということは皮膚の常在菌のエサになるものがないということですから、常在菌が汗を分解する際に発する悪臭ガスも発生しないということ、つまり臭いもなく体臭の原因とはならない汗ということでもあります。

 

一方、体臭の原因となっている汗は「アポクリン汗腺」から分泌される汗で、アポクリン汗腺は特に脇の下や性器近くに多く集中しています。アポクリン汗腺から出る汗には水分意外に脂肪やアンモニア、乳酸、硫黄物など体内の老廃物が含まれてるためベタベタとしており、これらをエサにして皮膚の常在菌が悪臭ガスを発生させるため、体臭の原因となるわけです。

 

一般に「腋臭」と言われている体質もこのアポクリン汗腺が原因ですが、本来このアポクリン汗腺から体内の有毒な老廃物を排出させることで健康を保つことができるわけですから、やはり私たちの健康を維持するのに欠かせない体の機能の一部であると言えます。

 

■「危険な汗」とは?


とは言え、サラサラの汗よりベタベタの汗をかくことの方が多い人は、本来サラサラ汗しか分泌されないはずのエクリン汗腺からそのような汗を分泌してしまっている可能性があり、これは本来の汗腺機能がうまく機能していない証拠と言えますから、「健康」とは言い難い状態にあります。汗腺が正しく機能していれば、一旦血液からミネラル分が汗腺に送られても汗として分泌される前にもう一度血液に再吸収されるためミネラルを含んだベタベタ汗にはならないはずなのです。

 

この原因としては、食生活の悪さなどにより血液がドロドロになってしまっていることが挙げられます。血液がドロドロだと血行不良となりそれ自体冷え性や肩こり、頭痛などの原因になるのですが、加えて発汗機能が低下することで体温調節までできなくなると、体内に熱がこもってこれも冷えやのぼせなどの不定愁訴の原因になってしまうのです。

 

■「良い汗」をかくためには


従ってサラサラの良い汗をかく健康な体になるには、まず血液をサラサラにする食生活の改善が必要です。脂分や糖分の多い食事を控え、ミネラルウォーターを沢山摂るようにすることでデトックス効果も得ることができます。ただ、汗の問題だけでなく肩凝りや頭痛がひどく起こりやすい状態になっている場合には他の原因が隠れている場合もありますから、そのような時には早めに当「接骨院がく伊勢崎韮塚院」にご来院ください。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから