「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

足の痺れも接骨院がく伊勢崎韮塚院にご相談ください

足の痺れは坐骨神経痛などが原因


足の痺れは神経が圧迫されて起こることが原因で、慢性的に足に痺れを感じる場合、坐骨神経痛や腰部のヘルニア・狭窄症、循環系の問題の症状であることがほとんどです。

 

坐骨神経痛、腰部のヘルニア・狭窄症は骨と骨の間隔が狭まり神経に触る、ヘルニアが神経に触れることで痺れが発生しますが、循環系の問題からくる場合は正座などの体勢によって血管が圧迫されしびれや痛みを起こします。

 

この場合坐骨神経痛などの痺れとは感覚が違い、全体的にぼんやりした痺れであるのが特徴です。正座からくる痺れは放っておけば次第に血流が戻りますが、坐骨神経痛などからくる痺れは放っておいても良くなることはありませんので、症状が深刻化しないうちに適切な治療を受ける必要があります。

 

初めのうちは何となく痺れを感じる程度だったとしても、次第に常に痺れがとれないようになり、その程度も強くなってくるということがほとんどですから、足に普段は無い痺れを感じたらその時点で早めに治療に取り組むようにしてください。

 

手術の他、ストレッチや体操によって改善が期待できる


坐骨神経痛やヘルニア、狭窄症の場合、痺れを改善させるためには手術を行うことが少なくありません。

 

しかし手術をしたからといって100%完治するというわけでも無く、そういったリスクを考えるとなかなか手術などの手術などの外科治療は踏ん切りがつかないものです。しかし手術しなければ治らないということも無く、状態や症状によってはストレッチや体操によってこれを改善することも期待できます。

 

ストレッチ・体操によって狭まっている骨と骨の間を伸ばし、神経への触れ、圧迫を改善できれば外科治療を行わずして痺れの解消させることも可能というわけです。接骨院がく伊勢崎韮塚院でも各症状に合わせた効果的なストレッチ・体操をアドバイスしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

簡単なストレッチ・体操でも根気よく続ければ痺れが改善することも多いので、ぜひ一度チャレンジしてみることをおすすめします。

 

簡単な動作のものがほとんどなので安心を


体操やストレッチと聞くと身体が硬い人、動かすのが苦手な人は自分にできるかどうか不安に感じてしまうこともあるかもしれませんが、足の痺れを改善させるための体操・ストレッチの動きは準備体操レベルの簡単なものがほとんどなので心配いりません。

 

激しい動きは必要なく、どちらかと言えばヨガの初心者ポーズのような静かでゆっくりした動きがほとんどですから、ハードな動きは無く安心です。症状を改善するための施術の他に当院では自宅でできる動作をアドバイスすることはもちろん来院頂いてアシストもさせていただくのでご安心ください。患者さんに合わせた無理の無い体操・ストレッチを提案いたします。

 

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから