「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

接骨院がく伊勢崎韮塚院で治療可能な症状・ばね指とは?

■ばね指とは


ばね指とは腱鞘炎の症状が悪化したもので、指を伸ばそうとすると途中で何かにひっかかったように止まってしまい、それ以上伸ばそうとするとバチンと急に指が伸びる症状です。

 

この「急にバチンと伸びる」というのがばねのようなので、この名称で呼ばれているわけです。

 

指には曲げ伸ばしを可能にする「腱」があり、その腱が指の骨に沿って走り曲げ伸ばし運動の際に浮き上がってしまわないために抑えの役割を果たす「靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)」の中をくぐるようにして存在しています。

 

ちょうどベルトとズボンのベルト通しのような関係で、腱がベルト、靭帯性腱鞘がズボンのベルト通しの役目を果たしているとイメージすると良いでしょう。

 

ばね指は腱にコブができたり靭帯性腱鞘が分厚くなってしまったりして引っかかることで、先ほどの例えで言えばベルトがベルト通しの間をスムーズに通らず引っかかって起こる症状です。

 

腱にコブができたり靭帯性腱鞘が分厚くなってしまったりする主な原因はやはり指の使い過ぎで、日常的に指をよく使う人、例えば編み物や裁縫を趣味とする人や、ゴルフ、テニス、野球など棒状の物を強く握るスポーツをしている人に多く見られますが、ホルモンバランスの変化や骨粗しょう症、筋力の低下なども腱や靭帯性腱鞘が弱くなるため、妊娠や閉経、内臓疾患などによっても引き起こされることがあります。

 

■ばね指の症状


軽度のばね指の場合、朝起きたときに何となく指にひっかかり感がありスムーズに曲げ伸ばしができないと感じますが、日常生活に支障が出るほどではないため昼間は忘れている状態です。

 

これが中度になると1日中指がひっかかっている感じがして指を曲げようとするとカクンとした衝撃を感じたり伸ばそうとするとばね指特有の弾けたように勢いよく伸びるといった症状が現れます。

 

またこれらの曲げ伸ばし動作の際に痛みを感じます。

 

重度のばね指になると慢性的に患部に腫れや痛みを感じ、指が一定の角度に曲がったまま伸びなくなるためもう片方の手で動かさなければならなくなってしまいます。

 

■ばね指の治療法


重度になると手術療法の必要も出てきますが、まずは保存療法で完治できないか探ります。

 

使い過ぎが主な原因ですから、まずは指を使わないよう安静にしなければなりません。

 

スポーツが原因であれば勿論治るまではスポーツ禁止、編み物などの指を使う仕事や趣味もお休みしなければなりませんが、そもそも指は日常的に使うものなので「絶対安静」はかなり難しいでしょう。

 

その場合装置を着けて指を固定させる必要があります。当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」ではばね指の治療として温熱療法やマッサージによって早期回復を図ります。

 

中度までのばね指であれば当院の治療で十分回復が可能ですが、重度で手術が必要と判断されれば、提携整形外科をご紹介させていただきます。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから