「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

2017.07.20更新

腰痛の中でも、どちらかというと皮膚の表面に近い所にチクチク・ピリピリとした痛みを感じるという人はいませんか?もしこのような痛みを感じているのであれば、神経痛による腰痛の可能性が出てきます。神経が何らかの原因で圧迫を受けている・損傷している時に発生する痛みです。神経痛は重症になると、かなり強い痛みを伴う可能性があります。イメージとしては、針で刺したときのような激痛を感じるという方も見られます。

 

腰は太い脊髄という中枢神経の終点で、腰から馬尾神経という無数の神経の束に変わります。この馬尾神経はお尻のあたりから下半身に向かって神経が渡っていて、これを坐骨神経と言います。神経痛による腰痛の場合、このいずれの神経で異変が起きているかもしれません。腰痛の場合で多いのは、坐骨神経痛です。

 

坐骨神経痛は、メディアでもしばしば取り上げられているので聞いたことがあるという人も多いでしょう。坐骨神経はお尻から足先に向かって伸びています。ですから坐骨神経痛を発症すると、腰痛だけでなく、お尻や足にかけての広範囲にわたって痛み・痺れを伴うことが多いです。坐骨神経痛は、腰の障害などの影響で神経が圧迫されている、圧迫が長く続くことで炎症が発生して起こります。坐骨神経は箇所によって働きが微妙に違ってきます。MRIなどの画像検査で詳しく診察した方が良いですが、どのような症状があるかで、ある程度どの坐骨神経で問題が発生しているかを特定することは可能です。

 

腰の周辺には馬尾神経というものが走っていると紹介しました。もしこの馬尾神経に何らかの問題が発生すると、より深刻な症状が起きる可能性があります。馬尾神経は脊髄という中枢神経とつながっているので、痛みだけでなく体の機能・感覚障害を伴う恐れもあるからです。このような馬尾神経に何らかの問題が起きることで現れる症状のことを、馬尾症状と呼ぶことがあります。

 

馬尾症状にはいろいろなものがあって、両足のしびれや麻痺、筋力低下などがあります。その結果、一度に長時間連続歩行ができないなどの歩行障害を伴うこともあります。もしこのような症状に心当たりがあれば、つま先立ちをしてみましょう。普通ならどんな人でもできるでしょうが、もしうまくできないようであれば、馬尾症状を発症している可能性が高いです。この場合には、早急に医療機関を受診し、適切な治療を受けるように心がけましょう。

 

神経痛による腰痛に悩まされている、何とかして快方に向かわせたいと思っているならぜひ接骨院がく伊勢崎韮塚院にご相談ください。当院では、神経痛が原因の腰痛にマッチする施術も各種用意しております。まずは患者さんの症状を聞きながら施術方針を決めていきますので、お気軽にお問い合わせください。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから