「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

2017.08.05更新

●ぎっくり腰とは

 

ぎっくり腰は不自然な姿勢をとったり、何らかの動作をしたときにギクリッと痛む腰痛のことで、正式には急性腰痛症といいます。重いものを持つとぎっくり腰になりやすいというイメージがありますが、実は靴下を履くためにかがんだ、くしゃみをしたといった何げない日常動作が原因で起こることも多いのです。

 

症状は名前の通り、腰部に突然ギクッ!と激痛が走ります。かなり大きな痛みで、しばらくはそのまま動けなくなるほどです。

 

●ぎっくり腰の原因

 

ぎっくり腰はちょっとした動作が原因で発症しますが、もともとの原因は何なのでしょうか?原因はいくつか考えられます。接客業などで長時間立ちっぱなしになることや、中腰など不自然な姿勢が多い場合、腰に負担がかかってほんの少しの衝撃で腰痛が起こることがあります。このほかにも姿勢が悪いこと、疲労の蓄積、運動不足、食生活の乱れ、体の冷え、肥満、ストレス、体が硬いなどさまざまな原因が考えられます。

 

●ぎっくり腰の予防法

 

ぎっくり腰はとても痛いですし、発症してから2、3日は仕事も家事も手に付かない状態になります。このような事態に陥らないために、日頃の生活では次のような点に注意をしましょう。

 

まず、重いものを持ち上げるときは、十分に注意して慎重に行ってください。立ち仕事や座り仕事など、長時間同じ姿勢が続く場合は、適度に休憩をとってストレッチなどをして体を動かしましょう。また、前かがみや中腰の姿勢は腰への負担がとても大きいので、極力避けてください。仕事などでこのような姿勢を取る場合は、ストレッチを行って筋肉をほぐしましょう。また、ウォーキングなどの軽い運動を行う、栄養バランスの取れた食生活を心がける、睡眠をたっぷりとるなど生活習慣の見直しも必要です。

 

ぎっくり腰は長年の生活習慣や姿勢、筋肉のこわばり、体の歪みなどが原因になって発症しやすいため、生活態度や体の歪みを矯正しないと、一時的に症状が収まっても、再発する可能性があります。ぎっくり腰の予防や再発を防止するためにも、日頃の生活習慣の見直しはとても大切です。

 

●ぎっくり腰になってしまったら

 

ぎっくり腰になったら、まずは安静にして腰を冷やしましょう。痛みは徐々に治まってきますが、そのまま放置しておくと、今後もぎっくり腰を再発する危険があります。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院では、ぎっくり腰の治療も行っています。当院では痛みを根本的に治療することを目的に、柔道整復師の高度な手技と最新の治療機器を使って、患者様の状態に合わせて適切な施術を提供します。患者様の体調に最も適した治療方法を提案し、ぎっくり腰の改善後も、再発を防止するためのアドバイスなどのケアもていねいに行っています。ぎっくり腰の治療をお考えの際は、接骨院がく伊勢崎韮塚院にご相談ください。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから