「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

2017.06.12更新

腰から背中にかけて痛みを感じる・腰にハリや重みのような違和感があるという人はいませんか?

このような腰痛を抱えているのであれば、筋・筋膜性腰痛を疑ってかかった方がいいかもしれません。

最初のうちは、「なんか腰がだるいな」とか「重たい感じがするな」程度でしょう。

別に耐えられない痛みではないので、そのまま放置してしまう人もいます。

筋・筋膜性腰痛の場合、適切な治療を行わないと、どんどん症状が重たくなります。

そして最悪ぎっくり腰のような激しい痛みを引き起こすことがあります。

 

筋・筋膜性腰痛がなぜ起きるのか、これは腰の筋肉が疲労しているからです。

上で紹介した症状を自覚している人の中には、肉体労働や重たい荷物を運ぶ作業があるなど、腰に負担をかける業務を行っている方はいませんか?

もしそうであれば、腰を酷使している可能性が高いです。

腰に負担をかけ続けていると、腰の筋肉が常に緊張状態に置かれてこわばってしまうことがあります。

筋肉は硬くなるとしなやかでなくなって、ある時ポキッと損傷しやすくなります。

また血管が収縮して、痛みのもとになる疲労物質や炎症が起こりやすくなるので痛くなるわけです。

筋・筋膜性腰痛とは、腰に筋肉痛が起きているような感じといえばわかりやすいでしょうか?

 

腰に負担のかかる環境として、いろいろな条件が考えられます。

まずは前かがみや中腰の姿勢を多くとっていませんか?

重たい荷物を抱え上げる場合、このような姿勢を多くとるでしょうし、重たい荷物を持っていると腰にどうしても負担がかかります。

また座りっぱなしやたちっぱなしのような同じ姿勢を長時間続けているような仕事をしている人も注意が必要です。

さらにスポーツをやっていて、腰を何度も前後に曲げる、激しく腰をひねるような動きをしていると発症リスクが高くなります。

さらに運動不足で肥満気味の方も注意したほうがいいでしょう。

 

もし自分が筋・筋膜性腰痛の症状に近いと思っているのであれば、どんな痛みがあるのか、痛みが発生したきっかけは何か、上で紹介したような腰に負担のかかるような仕事をしているかなどを診察の際に伝えるといいです。

実は筋・筋膜性腰痛は筋肉で起きている症状なので、普通の検査では判明しにくい傾向があるからです。

筋肉の内部に損傷があっても、診たり触診したりしただけでもなかなか分かりません。

さらにはレントゲン検査をしても異常が確認できません。

詳しく痛みの症状や原因を伝えないと、特定できない可能性があります。

 

筋・筋膜性腰痛の痛みに悩まれているのであれば、接骨院がく伊勢崎韮塚院にご相談ください。

当院では治療前のカウンセリングを重視しております。

丁寧に症状を聞き、適切な病名を特定し、適切な治療を提案していきます。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.06.09更新

腰の痛みを引き起こす病気はいろいろとあって、その中の一つに腰痛症があります。

腰痛症は具体的に「この症状がある病気」というものではないです。

いろいろとレントゲンやMRIを使って検査してみたけれども異常が確認できなかった、原因もはっきりとしない、腰痛にかかわるどの病気にも該当しない残りが腰痛症になると思ってください。

腰痛症は激しい痛みの生じることはまずありません。

よく慢性腰痛といわれることもありますが、鈍い痛みがずっと続いているものが多いです。

痛みというよりもだるい、重たいといった感じも腰痛症の患者の訴える症状で多いです。

最初のうちは腰痛症で、その後ぎっくり腰になって急性の激しい痛みを引き起こす腰痛に発展することもあります。

 

腰痛症の原因は先ほども紹介したように、いろいろと検査をしてみたけれども具体的な病名が特定できないものです。

医療がどんどん進歩している現在、腰痛症の割合は少ないのではないかと思っている人もいるでしょう。

しかしあるデータによると、腰痛の中で85%が原因を特定できないといわれています。

なぜ腰痛症は原因がはっきりしないか、それは様々な原因が重なって症状を引き起こしている可能性が高いからです。

腰の痛みといっても、原因は全く別のところにあるというケースもあります。

例えば内臓疾患が関係していることもありますし、ストレスなどのメンタルの要因が原因となっていることも考えられます。

 

腰痛症の原因は、まず腰に疲労のたまっていることが考えられます。

日常生活の中で、知らず知らずのうちに腰に大きな負担をかけているかもしれません。

猫背などの不適切な姿勢をしている、立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事など長時間にわたって同じ姿勢を続けていると、腰に疲れがたまりやすくなります。

年齢が上になればなるほど、腰の組織が老化してしまって支える力が弱まり腰痛症を引き起こすこともあります。

また先ほども少し触れましたが、ストレスが関係している可能性もあります。

もし精神的な疲労がたまった状態で固着してしまうと、痛みの信号を抑制する力が弱体化してしまい、自律神経のバランスが崩れてしまって腰に痛みを感じるようになります。

原因の特定できない腰痛の中で、3分の2はメンタルが要因で発症しているというデータもあるほどです。

 

腰痛症はこのように原因も多種多様です。

もし腰にだるい鈍痛が長く続いていて、日常生活でもいろいろと支障が生じつつあれば、接骨院がく伊勢崎韮塚院に一度ご相談ください。

当院では、皆さんの身体の状況から生活習慣、どのような痛みでどのくらい長く続いているのか細かく話を聞かせていただいています。

そして原因を突き止めて、適切な治療を行っています。

 


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.05.16更新

風が吹くだけでも痛みを感じるということで名前が付けられた痛風。

この症状が出るのは女性よりも男性が圧倒的に高い傾向にあります。

痛風の約9割は40代前後の男性という調査結果もあります。

痛風になると一般的には一生涯付き合っていかなければいけない病気といわれています。

しかし痛風の原因を理解して対処すれば、症状を改善することも可能です。

 

痛風という名前で知られていますが、正式には痛風発作と呼ばれ足首や膝に発生する急性関節炎です。

症状が最初に出るのは足の親指の付け根ともいわれています。

症状が出る前には圧迫感を感じ、発熱することもあります。

およそ6~12時間後に痛風発作が生じます。

 

発作がでると激痛を伴い、関節の腫れ、発赤、熱感も症状として確認されます。

痛風発作の場合は時間の経過と共に症状は改善されます。

1日以内には激痛などの初期症状はなくなります。10日程度経つと症状は治まるでしょう。

ただし完治したわけではなく、放置しておくと再度発作が生じ、徐々に症状は体の各部位に拡がっていき悪化する危険性が高いです。

腎障害、狭心症、尿路結石などの合併症を発症して動脈硬化が進み、最悪のケースでは心筋梗塞などになることもあり、非常に危険な症状です。

 

痛風になってしまう原因は血液中に含まれている尿酸値が関係しています。

尿酸が上がると血液中に溶けず、結晶になって関節で炎症を起こさせます。

食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどが大きく影響しています。

40代前後の男性であれば仕事のストレスが多くなったり、暴飲暴食などの生活スタイルが崩れやすい年代でもあります。

 

発作が起きた時には薬で抑えることができます。

ただし痛風の原因となる尿酸は食べ物や飲み物に含まれているプリン体から生成されます。

そのため、一番効果的な治療法は食習慣を見直すことです。

ビールなどのアルコールは控えましょう。

またレバーやエビなどの食材にはプリン体が豊富に含まれているので避ける必要があります。

逆に野菜サラダ、チーズ、たまごなどの食品はプリン体が少ないため問題ありません。

尿酸が排出されるように、毎日2リットル以上の水分補給も大切です。

肥満体型であればダイエットをして痩せる事でも症状を緩和させることができます。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院では、足の痛みの状態を診ていき、ケガの治療をすることもできますが、

もし痛風など内科的なものが痛みの原因となっている場合は専門医に紹介状を書くこともできますので、

足に違和感、痛みを感じた時には早期受診されることをおすすめします。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.05.15更新

安静にしている時に足に不快感がある、夜眠ろうとすると足がムズムズする。

こんな症状でお悩みの方がおられるでしょうか。

その場合レストレスレッグス症候群の可能性があります。

レストレスとはそわそわしたという意味合いがあり、常に足がそわそわしている感じがあります。

他にもむずむず脚症候群という呼び方もされています。

 

レストレスレッグス症候群は男性よりも女性が発症しやすいという研究結果があります。

特に妊娠している女性のおよそ10%が悩む症状です。

そして母親もしくは父親がレストレスレッグス症候群である場合、子どもが発症する確率はおよそ80%ともいわれています。

遺伝による発症も強い特徴があります。

 

この症状では痛みやしびれよりも足の不快感を訴えます。

じっとしていると、不快感が強くなってくるので足を動かしていたくなり、足を動かすと症状は改善されます。

この症状がでるのは、一日の中でも特に夕方から夜にかけてです。

就寝しようとベッドに入ると症状が出て来る人も珍しくありません。

そのため睡眠不足になり、睡眠障害やうつ病などになってしまう恐れもあります。

 

レストレスレッグス症候群の原因ははっきりとは解明されていません。

しかし主に3つの原因があると考えられています。

1つ目は遺伝です。

上述したように親が発症していると子どもも発症する可能性が高い症状です。

2つ目は鉄分不足です。

特に妊婦がレストレスレッグス症候群になる場合は鉄分不足が疑われます。

胎児は母親から全ての栄養素を摂取しているため、鉄分不足になりがちです。

そして3つ目は神経細胞の異常です。

ドーパミンとよばれる神経細胞が足や体が受けている刺激を脳に伝える役割を担っています。

この神経細胞に異常があると、小さな刺激も過剰に脳に伝えてしまうため不快感を感じるようになります。

 

レストレスレッグス症候群の治療法としては、投薬治療と生活習慣の改善が基本となります。

ただし妊婦の場合は薬による治療ができないので、食生活を見直すなどの生活習慣の改善が必要になります。

鉄分を豊富に含む食品を積極的に食べることで症状を緩和させることができるでしょう。

フルーツなどに含まれるビタミンCも症状緩和には一層効果的です。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院では自分で出来るセルフマッサージ方法などもお伝えしています。

レストレスレッグス症候群は放置しておくと、生活の質を著しく低下させ、精神疾患にも繋がってしまいます。

 


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.05.14更新

膝の痛みの代表的な症状が変形性膝関節症です。

加齢と共に膝に違和感や痛みを覚えるこの症状は、男性よりも女性に多く見られる傾向があります。

特に50歳以降の患者さんで膝に痛みを訴えて受診される場合、変形性膝関節症と診断されることが多いです。

女性が多い理由には、女性ホルモンの影響、男性に比べて筋力が弱い、肥満傾向になり足にかかる負担が大きいなどの要因が考えられます。

「年だから仕方がない」と思ってそのままにしておくと、症状が更に悪化してしまう危険性があります。

 

膝関節を含め、足の各関節には骨がスムーズに動くように軟骨があります。

つまり骨と骨が直に接することなく、軟骨が間に入り潤滑油の役割を果たすことで、痛みを感じることなく動かすことができています。

初期段階の変形性膝関節症では、関節にある軟骨がすり減り、階段を上る、膝を伸ばすといった特定の動作をする際に痛みを感じるようになります。

また膝に水がたまってしまう症状もこの段階での特徴となっています。

初期段階で治療をせずに放置してしまうと症状は更に悪化し、関節の骨がむき出しになってしまい、骨が変形してしまいます。

今までは軟骨によって守られていた骨がむき出しになってぶつかりあってしまうため、強い痛みを感じ日常生活にも支障が出てしまいます。

 

変形性膝関節症になる原因には2種類あります。

加齢や筋肉の衰え、肥満、スポーツ習慣といった原因が漠然としていたり、特定できない場合は一次性変形性膝関節症と呼びます。

一方で原因がはっきりとしている場合、例えば靭帯損傷、半月板損傷、膝蓋骨の脱臼などの場合には二次性変形性膝関節症と呼ばれています。

 

膝関節にある軟骨がすり減ってしまうと、治療しても完全な状態に戻ることは期待できません。

治療法としては薬物療法や運動療法などを用いて、痛みを和らげ症状が進行しないように予防することが中心になります。

一般的には痛みを和らげ膝関節の機能を高めるヒアルロン酸の注射が効果的といわれています。

またお風呂に入って患部をはじめ足全体をしっかりと温めることでも痛みを和らげる効果があります。

保存療法で治療したものの効果が著しくなければ、手術療法で痛みの原因を取り除くことも一つの選択肢となります。

ただし、手術療法によってはリハビリに長期間かかるなどのデメリットもあります。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院では保存療法を中心に、患者さんが家で毎日でも行えるリハビリや筋肉トレーニング方法をお伝えしています。

膝の痛みはそのままにしていると更に悪化する可能性が高いので、痛みがある場合には早急に当院へお越しください。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.04.24更新

野球肘はスローイング動作、特に投手に多く発生する痛みが主症状のスポーツ障害で、オーバーユース(使いすぎが原因で起こります。

小・中学生(成長期)に多く、肘の内側型・外側型・後方型に分けられます。

 

・内側型

投球時肘から下の部分(前腕)に、外に曲げられる力が加わります。(外反)その際肘関節の内側の靭帯・筋肉が強く伸ばされ、成長軟骨の損傷がおきることがあります。

投球時の痛み、圧痛、肘関節の曲げ伸ばしの痛み・可動域制限の症状があります。

 

・外側型

投球時外反力が強くかかった際肘関節の外側に圧力が加わり、上腕と前腕の軟骨がぶつかり負傷します

投球回数が多かったり、肘に負担がかかる投げ方が原因となります。

特に上腕骨小頭の軟骨部分が傷つことが多く(離断性骨軟骨炎)、症状が進行してしまうと骨片(骨のかけら)ができてしまうことがあります。

初期症状だと違和感・痛みなどがないことが多く、注意が必要です。

 

・後方型

上腕の後ろにある筋肉(上腕三頭筋)の牽引力や、肘を伸ばす時骨同士がぶつかってしまうことで負傷します。

腱の炎症や、進行すると繰り返される牽引力で疲労骨折をおこすこともあります。

 

野球肘は単に投げ過ぎただけでおこるのではなく、フォームの乱れや肩関節の動きの硬さ、投球時の足の角度(股関節の硬さ)なども原因となることもあります。

 

接骨院がくでは超音波エコー検査機を使い、肘や肩の状態を確認するメディカルチェックを定期的に開催しています。

投球時の痛み・違和感がある方はぜひ接骨院がくまでお問い合わせください

 

 

 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.04.13更新

野球肩とは、野球でボールを投げる時の動きが原因となる肩関節障害のことです

主に小・中学生の成長期に多く、肩を使い過ぎたり準備運動が不足していたりフォームに問題があると起こることがあります。

有名なスポーツなので野球肩と呼ばれますが、腕を振りかぶる動作のスポーツに共通するものです。

(テニス、水泳(クロール・バタフライ)、バレーボールなど)

 

この様な症状がある時は野球肩が疑われます

・ボールが指先から離れる瞬間・投げる瞬間・投げた後が痛む

・練習中は痛むが、日常生活では痛みがない

・キャッチボールの最初は少し痛むが、続けていると痛みがなくなる

・手を上げると痛む

・服を着たり、脱いだりする時に痛いときがある

・投げた翌日に肩の後ろが痛い

 

中には、投球動作の繰り返しによって肩の骨の端にある成長軟骨が投げ過ぎにより分離してしまう

上腕骨骨端線離開(別名:リトルリーガーズショルダー)と言った

状になってしまう方もいます。

このような症状にならないためにも、痛みを我慢せず早期発見・治療が望まれます。

お困りの方は接骨院がくにぜひご相談ください。

 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.04.05更新

インディバとは、電気メスの発明者であるスペインの物理学者

ホセ・カルベット氏により開発された、電磁波エネルギーによる

「高周波温熱機器」です

身体の深部にエネルギーを送ることができるので、熱源を

身体の中に発生させ表面からではなく身体の内側から

温めることができます(深部加温)

この熱は血液や細胞を伝わって全身に広がり、

体温を3~7℃上昇させその後ゆっくりと体外に放出されるので

温かさ・血流も持続します

また、このエネルギーが細胞の新陳代謝を助け、

その結果身体の自然な回復力を促進し、

痛みやつらさの軽減までの時間を短縮します。

 

     ~インディバアクティブは以下の症状の緩和に効果的です~

・捻挫

・打撲

・肉離れ

・関節の痛み

・炎症の減少

・腱の痛み

・筋緊張の緩和

世界のトップアスリート・プロスポーツチームから高い評価を得て

多くの競技で導入されています

痛みからの早期回復とケガの予防に

ぜひインディバアクティブをお試し下さい!!

 

 

 

 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.03.31更新

こんにちは★
接骨院がく伊勢崎韮塚院の瞳です!

 

 

最近腰の痛みで来られる患者さんが増えてきました(><)

実は春は腰を痛めやすい季節でもあるのです!

 

 

引越しなどで重たいものを持ったりする方も多いのではないでしょうか(><)

そして腰の痛みの原因で意外と多いのが花粉症によるくしゃみです!

 

 

一回のくしゃみで腰にかかる負担は300キロだそうですΣ(゚д゚lll)
それが連続になったり回数を重ねたりするとかなりの負担になります!

 

 

痛みを我慢してしまう方も多いですが我慢せず早めに治療することが大事です★

接骨院がく伊勢崎韮塚院には腰痛に効果のある電器、器具など各種取り揃えています!

 

 

スタッフ一同心を込めて対応させていただきますのでお気軽にお越しください♥

 

 

 

 

 

 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.03.01更新

いつ何時でも起こりうるため常に気を付けておきたい自動車事故ですが、特に事故発生率の高い季節や時間帯というものが統計上明らかになっています。

まず事故が最も多い月とされているのは12月で、夜が最も早く訪れる月であるというだけでなく、気温が一気に下がって突然路面が凍結し、まだスタットレスに履き替えていない車が油断してスリップ事故を起こすことも多いです。

また師走で交通量が多く気ぜわしさも手伝ってイライラしてしまうこと、里帰りなどで普段運転しなれていない場所を運転すること、更にはこれは本当はあってはならないことですが、忘年会などで飲酒運転をする人が増えることなどがその理由として挙げられています。

 

12月に続く交通事故発生率ワースト2は、3月です。

平成26年のデータによると、1年のうち月の事故発生件数が5万件を超えているのは12月と3月だけです。

3月は12月に続いて忙しい年度末で交通量も多く慌ただしく、「急がなければ」と慌てて安全確認を怠ったり早く信号を通過しようと強引な運転をしたりすることが原因と考えられます。

加えて3~4月は大学入学や就職などで新たに車通学・車通勤を始める人も増え、まだ慣れない道のりをまだ慣れない運転で通わなければならないことも交通事故発生率を高くしてしまっている要因でしょう。

また中には花粉症や季節の変わり目で自律神経が変調をきたし運転に集中できなかったり眠気を覚えたりする人もいます。

 

また、季節に関係なく「交通事故が発生しやすい時間帯」にも注意しましょう。

一番運転が難しいのは実は夕暮れ時と言われており、西日がまぶしく物が見えづらかったり、そこから徐々に暗くなってきてライトをつけている車や街灯がマチマチという中途半端な状態になると対象物が見えず衝突してしまうことがあります。

 

勿論事故を起こさないこと・遭わないことが何より大切ですが、万が一交通事故治療を必要とするようなことがあれば、信頼できる医療機関で早めに治療を受けましょう。当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」は、群馬の本庄・玉村周辺で交通事故専門医療機関として皆様から高い支持を頂いております。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

前へ
接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから