「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

2017.08.01更新

もし、「背中が痛いな」と感じた場合、すぐに接骨院がく伊勢崎韮塚院に来ていただければ、なぜ背中が痛いのか、また改善するためにはどうしたら良いのか、提案させていただきます。背中が痛くならないために予防をすることも大切です。背中が痛くならないためには、日頃から正しい姿勢を保つことが大切です。悪い姿勢ばかりでいると、背中に大きな負担をかけ、痛みを感じる原因となります。

 

背中を痛めない姿勢でいるためには、4つの場合でそれぞれ異なります。まず、座っているときです。座るときは、椅子に深く腰をかけて、ほぼ直角になるように座り、腰を椅子の背もたれで支えます。そして、アゴを軽く引いて、首に余計な力が入らないようにしましょう。使う椅子は、できるだけ背もたれが高いものが良いです。背もたれも、背中のカーブと合うものが良く、合わない場合にはクッションを挟むなどしましょう。足の裏がしっかり地面につき、膝が直角になる高さに合わせてから座りましょう。

 

次に、立っているときです。立っているときは、背筋を伸ばしてアゴを少し引きましょう。肩の力は抜いて、腹筋に力を入れます。頭の先からひもでつるされているようなイメージで、上半身に力は入れません。膝にも力は入れず、軽く曲がっているくらいがベストです。足の親指に力を入れて立てば、重心も正しい位置に保てます。

 

それから、寝るときです。腰と背中に最も負担の少ない寝方は、横向けにして寝ることです。腰痛がある場合には、痛みのある方を下にして、膝を直角にまげて寝るのが良いです。できれば、腰の下にタオルやクッションを敷くと、より良いです。もし、仰向けに寝たい場合には、自分にとって腰が楽な姿勢になるのが良いです。例えば、膝を立てた方が楽な場合には、そうした方が良いです。最も腰や背中に負担のかかる姿勢は、うつぶせです。背中や腰の反り返りが大きいのです。うつぶせで寝たら背中が痛くなった経験のある方もいるのではないでしょうか。

 

そして、歩くときです。歩くときは、背筋を伸ばして視線をまっすぐにして歩きましょう。膝をしっかり伸ばして、かかとから着地するのを意識して歩くと、より背中と腰に負担のかかりにくい歩き方ができます。肩や腕には力を入れずに、歩くのに合わせて振りましょう。お尻の筋肉に力を入れて、大股で歩くのがベストです。

 

さらに、動作中の姿勢で背中を痛めることもあります。例えば、重たい荷物を持つ場合や、前かがみになるような場合です。腰よりも先に背中を前にかがませると、どうしても大きな負担がかかり痛みを引き起こす可能性があります。したがって、動作を行う場合にも、できるだけ背筋がまっすぐなるように心がけましょう。前かがみになる動作をとらなければならない場合には、腰や背中よりも先に、ひざを曲げるようにしましょう。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.07.21更新

接骨院がく伊勢崎韮塚院に背中の痛みを訴えて来院される患者様の中には、背骨や骨盤のゆがみやズレが原因となっている方も多いです。接骨院がく伊勢崎韮塚院で骨盤や背骨のゆがみの矯正を受けた後、数々の体調不良が劇的に改善されたと言ってくださる方も大勢いらっしゃいます。

 

人間の体の土台になっているのは骨盤です。そして背骨は骨盤から柱のように伸びて体を支えています。健康な人であれば、左右対称に整った骨盤から背骨が左右にずれずに真っすぐ伸びているものなのですが、何気ない動作やクセのせいで背骨の各パーツがずれたりねじれたり、骨盤がゆがんでしまうことがあります。椅子に座ったとき脚を組むクセのある人、床に座る時に正座を崩して横座りになってしまう人、立ちっぱなしの仕事でいつも片方の脚に重心をかけるクセのある人は要注意です。

 

背骨や骨盤がずれたり、ゆがんでいると体の不調となって現れます。頸椎(けいつい)にゆがみがある場合は、頭痛や肩こり、手のしびれ、不眠症を発症します。交通事故でむち打ち症になっている人は、頸椎にズレがあることが多いです。背骨の胸の辺り、胸椎(きょうつい)にゆがみがあると、肩こりに加えて内臓の障害も現れることが多いです。胸椎がゆがんでいると、風邪をひきやすく、背中が丸まって猫背になっていることが多いです。腰椎(ようつい)にゆがみがある人は、腰痛や脚の痺れ、神経痛などを起こしていることが多いです。腰椎のゆがみのせいで下痢や便秘に悩まされる人もいます。こうした体調不良が背骨や骨盤のズレを原因とする場合は、接骨院がく伊勢崎韮塚院で施術を受けられると劇的に改善されることがありますので、ぜひお試しください。

 

背骨や骨盤がゆがんでいる人には、ほかにもこのような特徴があります。靴底は外側からすり減る、スカートがはいているうちに回ってしまう、冷え性である、生理痛がひどい、脚や顔がむくみやすい、食事の時に片側だけでかむクセがある、などです。接骨院がく伊勢崎韮塚院では、骨盤がゆがんでいるか判断するために、ベッドに横になってもらい、全身の力を抜いた時につま先が外側に倒れないかを見ます。つま先が外側に倒れるのは骨盤がゆがんでいる証拠です。また、まっすぐ立ってもらって、首が傾いていないか、左右の肩の位置・乳首の位置・腰の位置がずれていないかを確認します。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院では、まずマッサージや超音波などを使って、こった筋肉をほぐします。それからゆがんだ骨格を矯正していきます。骨格矯正というと、骨をバキバキ動かして痛いというイメージを持っている人もおられますが、今どきの接骨院で骨をバキバキ言わせて矯正することはありませんので、安心してご来院ください。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.07.20更新

接骨院がく伊勢崎韮塚院には、背中が痛いという理由で来院される方も多くいらっしゃいます。一口に背中が痛いと言っても原因はさまざまです。日本人は肩こり体質の人が多く、背中の痛みも肩こりが背中まで広がった結果であることが多いのですが、背中の痛みの中には胸膜炎(きょうまくえん)などの深刻な病気が隠されていることもありますから、注意が必要です。

 

胸膜炎とは、肺を覆っている胸膜の炎症で、炎症を起こした部分からは水分を吸収できなくなるため、血管から染み出た水分やたんぱくが行き場を失って肺と胸膜の間にたまり、胸や背中の痛み、せき、呼吸困難などの症状を引き起こします。肋膜炎(ろくまくえん)と呼ばれることもあります。

 

胸膜炎になる原因はいろいろあります。胸膜そのものが炎症を起こす場合は、胸膜と肺の間に水と一緒に膿(うみ)もたまってしまうので、早めに見つけて膿を出してあげる必要があります。肺炎の影響で肺と胸膜の間に水がたまることもあります。通常、肺炎が治れば胸膜炎も自然に治りますが、病院に行ってきちんとした治療を受けずに長引かせてしまうと、肺炎から感染性胸膜炎に発展して治療が難しくなるケースもあります。せきが胸の奥のほうから出る感じがして苦しいなど、肺炎のような症状がある場合は早めに呼吸器科を受診しましょう。また、若い人の場合は結核が原因で胸膜炎になる人が多いです。結核をきちんと治療しきらないと、結核が治ったと思った後数年たってから胸膜炎になって苦しい思いをすることがあります。医師の指示に従って、結核はきっちり治しておきましょう。高齢者に多いのは、肺がん・乳がん・卵巣がん・胃がんなどが胸膜に転移して胸膜炎を発症するタイプです。胸の痛みと呼吸困難の度合いがひどく、がん性の胸膜炎であるとの診断が下りた時は余命半年から1年と言われることが多いです。

 

胸膜炎を予防するには、禁煙が絶対条件です。タバコを吸う人は肺や肺の周りにある臓器に日頃からダメージを与えていますから、肺がんになりやすく、がん性の胸膜炎にもなりやすいのです。また、お酒をたくさん飲んで泥酔する傾向がある人も胸膜炎にかかりやすいでしょう。お酒を飲んで泥酔すると、歯磨きをしないで寝てしまうので、口の中の細菌が肺にまで入ってしまいやすく、肺や肺の周りの胸膜に細菌がとりつくのを許して、肺炎や胸膜炎を発症しやすいのです。心当たりのある人は、今すぐ生活習慣を改めましょう。

 

群馬県伊勢崎市韮塚町にある接骨院がく伊勢崎韮塚院では、地域の皆さんの健康を守るために、あらゆることをしていきたいと願っています。接骨院がく伊勢崎韮塚院は、元気で優しい人をスタッフに選んでいますので、体の痛みで気になることがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.07.15更新

接骨院がく伊勢崎韮塚院はさまざまな痛みと向き合っています。背中が痛いというと、筋肉痛や血行不良で筋肉中に老廃物が溜まっていることなどが考えられますが、風邪や肺炎でも背中が痛くなることをご存じでしょうか。

 

風邪やインフルエンザのかかり始めに背中の筋肉や関節が痛くなるのは、体の中の免疫システムが侵入してきた風邪やインフルエンザのウィルスと戦っているからです。通常、しばらく安静にして、熱がある程度下がれば筋肉や関節の痛みも引いていくものです。しかし、熱がある程度下がっても、せきが止まらず、せきをする度に背中がズキズキするのであれば、肺炎にかかっている可能性があります。

 

肺炎とは、肺に細菌が入ったことによって起きる肺の炎症です。肺炎を引き起こす菌としてインフルエンザ菌、マイコプラズマ、肺炎球菌、レジオネラ、クラミジア、黄色ブドウ球菌などがよく知られています。肺炎は治療法も確立されており、初期症状で発見できれば、治すのは難しい病気ではありません。しかし、小さな子どもやお年寄りは症状が出にくかったり、もともと免疫力が低めであるために、発見が遅れて、症状が重くなってしまうことも珍しくありません。日本人の死亡原因の第3位は肺炎で、肺炎にかかった人の約1割の人が亡くなっています。

 

肺炎にかかると熱やせき、息苦しさのほかに、肺の前後にある胸や背中に痛みが走ることがあります。肺が傷ついているのですから、普通の呼吸でさえ、息を吸って肺を膨らませるたびにズキリと痛み、その痛みが背中に突き抜けるのです。普通に息を吸うと肺が痛むので、自然と呼吸が浅くなります。また、傷ついた肺はせきをして、侵入してきたウィルスを外に出そうとするのですが、せきをすると肺が動くので、咳をする度にのたうち回るほどの痛みが体を襲います。せきをすると酸素を消費してしまいますが、呼吸をしようとするとまた肺が痛みます。この間、体温は37~40度が続くので、意識がもうろうとして、食事もほとんど食べられません。肺炎になるとかなり苦しいです。

 

ひどい風邪やインフルエンザなどで体力を消耗し、免疫が下がっている時は特に注意が必要です。風邪やインフルエンザのウィルスがのどや気管支から肺に入ってくるのを許してしまい、知らないうちに肺炎に発展しているケースがあるからです。風邪やインフルエンザと診断されたものの、朝には熱が下がるのに夜になると高熱が出る、せきをする度に胸や背中が痛くなる、せきがのどの辺りからではなく胸の奥から出てくるような気がする、緑色のどろっとした痰が出る、といった症状も出てくるのであれば、内科ではなくて呼吸器科に行ってもう一度、肺炎になっていないか検査してもらいましょう。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

2017.07.05更新

接骨院がく伊勢崎韮塚院に来院される方の中には、背中の痛みを訴えられる方も多くいらっしゃいます。筋肉痛や良くない姿勢が原因で背中が重かったり痛くなったりすることも多いのですが、背中の痛みの中には腎盂炎(じんうえん)や腎盂腎炎(じんうじんえん)という病気が隠されていることもあるので注意が必要です。

 

腎盂炎とは、腎臓の組織が細菌に感染することで発症します。腎盂腎炎は細菌による炎症が腎臓全体に広がった状態です。腎臓から尿管を通って尿は膀胱(ぼうこう)へ送られます。尿管が膀胱へ入る部分には弁が付いていて、膀胱に入った尿が腎臓へと逆流しない作りになっています。腎盂炎を引き起こすのは大腸菌であることが多く、トイレでお尻を拭くときに大腸菌を尿道にうつしてしまうことが原因だと考えられます。健康な人の場合、尿道口から細菌が入ってくることがあっても、次のおしっこが細菌を洗い流し、尿路全体を無菌状態に保ちます。しかし、洗い流すおしっこが足りなかったり、大量の細菌が入ってきたり、細菌をやっつけるだけの免疫力が体にない場合は、尿道へ細菌が侵入するのを許してしまうことがあるのです。尿道に入った大腸菌は膀胱にまで上がってくると膀胱炎を引き起こします。膀胱炎などで尿管と膀胱の間の逆流防止弁の働きが悪くなると、膀胱の中にある細菌がおしっこをする度に尿管へ逆流し、腎臓にも入ってしまい、腎盂炎や腎盂腎炎を引き起こすと考えられます。

 

腎盂炎は膀胱炎にかかっている人が発症しやすく、男性よりも女性の患者が約2倍も多いです。男性でも尿路結石があったり、尿道狭窄や前立腺肥大で、尿の流れを妨げる要因があると細菌が多くなりやすく、腎盂炎を発症しやすい傾向があります。尿とは関係のない別の病気が原因で、細菌が体内で増殖し、血液中やリンパ管を通して腎臓が細菌に感染、腎盂炎を発症する場合もあります。

 

腎盂炎の症状は風邪の症状とも似ていて、腎盂炎になると熱が出て腰や背中が痛くなります。急性腎盂炎の場合は、まず体がゾクゾクしてインフルエンザのような高熱が出ますから、内科にかかる人が多いのですが、慢性腎盂炎の場合は微熱程度なので腎盂炎にかかっていることに気が付かないこともあります。腰や背中の痛みやだるさを和らげるため接骨院がく伊勢崎韮塚院に来られる患者様の中には、腎盂炎だったという方もいらっしゃいます。しかし、腎盂炎を放っておくと腎不全や尿毒症になって命に関わることもあり、危険です。背中の腰のあたりに鈍い痛みがあって、最近、おしっこの量が増えている気がするという場合は、慢性腎盂炎の可能性があります。接骨院がく伊勢崎韮塚院へ来られた際にスタッフにご相談してください。


 

投稿者: 接骨院がく伊勢崎

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから