「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

電磁波過敏症とは? 接骨院がく伊勢崎韮塚院

■電磁波過敏症とは?

 


電磁波過敏症とは、電磁波が原因で引き起こされていると考えられる身体的不調のことで、具体的には頭痛や疲労、睡眠障害、めまい、吐き気、どうき、イライラや不安感などの精神的なストレスなど症状は多岐にわたります。しかし病院で検査してもらっても器質的な異常が原因ではないため、これも不定愁訴の1つと言えます。

 

そもそも電磁波とは電流が発生する際に必ず起こる、電波と磁場の両方の性質を持つ波のことで、電話やテレビ、ラジオ、コンピューターなど電波によって作動する機械のある所は勿論、実は紫外線や赤外線も電磁波の1種であるため、例え大自然の中にいたとしても電磁波は存在していると言えます。従って電磁波それ自体が有害なものとは言えませんし、実際電磁波の1つであるガンマ線を使ってがんの放射治療を行ったり赤外線を使って体を温めたりと、体に有益な影響を及ぼす目的でその性質が利用されることもあります。

 

では何が問題なのかと言うと、電磁波を浴びる量や種類、また浴び方に問題があり、電磁波過敏症を引き起こしてしまうと考えられます。

 

■電磁波過敏症の原因


電磁波過敏症はアレルギーに例えられるかもしれません。例えば同じ環境下にいてもホコリを吸い込んでアレルギー反応を引き起こす人もいれば全く平気な人もいます。これはアレルゲンとなるホコリを受容できる量が体質によって異なるため。電磁波過敏症も同じで、電磁波を受容できる量が少ない人―つまり電磁波に敏感な体質の人―が大量の電磁波にさらされ続けると発症する可能性があるわけです。

 

ではどんな場合に大量の電磁波にさらされ続けることになるのかと言うと、電流の発生源の近くにいる、もっと言えば体に密着させているとその影響力を強く受けることになります。電磁波は、その発生源に近ければ近いほど強く影響を及ぼすと言う性質があるからです。

 

それで例えばスマートフォンはもう生活必需品と化しており常に触っていないと不安になるという人までいますが、スマートフォンにも勿論電磁波が発生しています。あるいはホットカーペットや電気あんかといった家電製品も体に密着させて使うため、強くその電磁波の影響を受けることになってしまうのです。また密着というわけではないですが、パソコンも体の近くに置いてしかも長時間使うことが多いため、電磁波過敏症の原因になりやすい機械です。

 

■電磁波過敏症の対策法


従って、それらの機械をできるだけ体から離して使うことが電磁波過敏症の対策法となります。最近では電磁波をカットするグッズも販売されていますから、それらを利用するのも良いでしょう。それでも不調がなかなか改善されないのであれば、当「接骨院がく伊勢崎韮塚院」にご相談ください。電磁波過敏症それ自体を治療することは今のところ医学的に言って難しいですが、身体に流れる生体電流(もともと身体に流れている弱い電気)を調節し症状そのものを改善することは可能です。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから