「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

背部の筋肉による痛み 接骨院がく伊勢崎韮塚院

日本人の80%は肩こりに悩まされていると言います。接骨院がく伊勢崎韮塚院に来院される方でも肩こりに悩んでいる方は多いです。欧米人で肩こりを気にしている人はそれほど多くないので、肩こりは日本の国民病と言われることもあります。欧米人よりも日本人が肩こりを起こしやすい理由として、日本人はよく頷くからだという意見があります。

 

日本人は相手のことを気遣い、同意する時以外でも話を聞いているという意思表示にひんぱんに頷きます。そう言われてテレビで欧米人を見てみると、欧米人はあまり頷いていない気もします。肩こりは日本のおもてなし文化の象徴だ、と考えると誇らしい気持ちにもなりますが、肩こりが背中の筋肉痛にまで発展してしまうと、もはや誇らしいどころではありません。

 

肩こりになった時にマッサージなどでこりだけをほぐして、原因を治療もせずに放っておくと、また肩こりになってしまいます。こってはほぐすを繰り返しているうちに肩こりは首から背中にまで広がり、痛みやだるさを伴う背中の筋肉痛に発展することもあります。

 

背中の筋肉全体が疲れきって血流の悪い状態が続いていると、背中の筋肉もつることがあります。足のふくらはぎがつるときのことをこむら返りと言いますが、背中全体にこむら返りのような痛みが走るので、ぎっくり腰と同じくらい痛いのです。

 

もし、背中の筋肉がつってしまったら、痛みが治まるまでとりあえず横になって静かにしていましょう。こむら返りの時は足の指をつかんで足の裏をそり返すという方法がありますが、背中の筋肉がつった場合に同じことをするのは危険なのでやめましょう。

 

背中の筋肉の場合でも、痛みが治まるまでじっとして、痛みがひいた後も背中の筋肉を無理に使わなければ自然と治ります。しかし、背中の筋肉のつりが治まった後も痛みが続くようであれば、背中の筋肉に強い炎症が起こっていると考えられます。筋肉に炎症が起きている場合は、痛いところに冷湿布を張ったり保冷剤で冷やしたりすると回復が早くなるでしょう。痛みがひどくて心配な場合は、接骨院がく伊勢崎韮塚院にご来院ください。

 

背中のこりや筋肉痛を引き起こしている原因の究明や、背中のつり再発予防についてお力になれることでしょう。

 

体内の水分が十分でないと、筋肉はつりやすくなります。また、筋肉がつりやすい時は電解質や糖質、アミノ酸が不足していることが多いです。スポーツドリンクの中には水分だけでなく、電解質も糖質もアミノ酸も含まれていますので、筋肉痛を起こしやすい運動選手はもちろん、運動不足で肩こりがひどく背中が痛くなりがちな人も、スポーツドリンクを時々お飲みになると良いでしょう。

 

ただし、背中の筋肉が肉離れを起こしていたり、骨と筋肉を結びつける腱が切れている時は湿布だけでは治りません。接骨院がく伊勢崎韮塚院にご相談ください。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから