「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

自律神経失調症の原因とは?接骨院がく伊勢崎韮塚院でも治療が可能です

■自律神経失調症になるメカニズム


頭痛や眩暈、耳鳴り、しびれ、火照り、吐き気などの症状があるのに病院で検査しても何の異常も見つからない。そんな場合にまず考えられるのが自律神経失調症です。自律神経はホルモン分泌や体温調節、血液の循環や内臓機能など様々な生命活動に欠かせない働きを管理している司令塔のようなもので、交感神経と副交感神経の2つで成っています。

 

交感神経は活動中に優位に働く神経で体の機能を活発にさせるのに対し、副交感神経はリラックスする時に優位に働く神経で体の機能を休ませる働きをします。この2つの神経がバランスよく機能することにより、体内の状態を一定に保つ「ホメオスタシス」が働き外からの刺激に抵抗できるようになっているのですが、この「外からの刺激」が慢性的に強く続くと自律神経はホメオスタシスにより刺激を排除しようと頑張り過ぎて負荷がかかり過ぎ、その結果この2つの神経のバランスが崩れてしまうというわけです。

 

前述の通り自律神経は血液の循環や体温調節など様々な生命活動の司令塔ですから、ここに異常が起こると頭痛や眩暈、吐き気などの症状が現れるのです。

 

■自律神経失調症になる原因


自律神経失調症を引き起こす「外からの刺激」とは何かというと、みなさんご存知の通り「ストレス」です。しかしここで言う「ストレス」とは何も精神的なストレスだけではありません。「アプライドキネシオロジー」と呼ばれるテクニックによると、「ストレス」は「精神的ストレス」「構造的ストレス」「化学的ストレス」「環境的ストレス」の4つに分類され、このどれもが自律神経失調症の原因になり得るとされています。

 

「精神的ストレス」は、言うまでもなく人間関係を代表とする、「嫌だな」と思うこと全てです。「構造的ストレス」とは、体の構造、つまり歪みによるストレスのことです。本人が意識しているかどうかにかかわらず、体が歪んでいるとその情報が脳に伝わり、脳はストレスを感じます。「化学的ストレス」とは、例えば排気ガスやハウスダストなどの化学物質の他に、飲食物による栄養素の過不足もその中に含まれます。最後の「環境的ストレス」とは特に湿度と温度、気圧のことを指しており、暑すぎる、寒すぎる、天気が悪くて気圧が低いなどもストレスとなります。

 

■自律神経失調症の対策法


従って、自律神経失調症を予防したり改善したりするためには、前述の4つのストレスに注意する必要があるわけです。自律神経失調症の治療の一環として接骨院や整体に通う人がいるのもこのためで、特に2つめの「構造的ストレス」に対して効果を発揮します。当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」にも自律神経失調症でお悩みの方が大勢いらっしゃいます。自律神経失調症と接骨院、あまり関係がないように思われるかもしれませんが、当院で施術を受けてかなり改善されたと喜ばれる患者様も少なくありません。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから