「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

肩こりからくる背中の痛み 接骨院がく伊勢崎韮塚院

接骨院がく伊勢崎韮塚院に背中の痛みを訴えて来院される方の中には、肩こりが原因となっている方もいます。

 

しかし、ただの肩こりだろうと思っていたら、背骨にひびが入っていたり、内臓の病気が原因となっていることもありますから油断は禁物です。ひびに関しては接骨院で確認できます。

 

肩こりは専門的な医学用語では頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)と言われることもあり、肩とその周囲の首や背中の筋肉が緊張して固くなり、血の巡りが悪くなった状態を指します。

 

肩こりをしている部分をマッサージしたり温めたりすれば、肩こりは一時的によくなりますが、肩こりを引き起こしている根本的な原因を見つけて改善するほうがお勧めです。

 

肩こりを引き起こしている原因のトップ3は悪い姿勢・ストレス・運動不足です。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院にご来院いただければ、姿勢の良し悪しについて診断をし、正しい姿勢に矯正したのち、正しい姿勢を保つためのアドバイスをさせていただきます。

 

適度な運動はストレス発散にも役立ちます。年齢や生活環境に合わせた運動方法についても、患者様に有用な情報を提供できると自負しております。

 

パソコンの値段が下がり、インターネット経由で情報のやり取りが活発に行われるようになった今、パソコンを使って仕事をする人がどんどん増えています。

 

パソコンを使って仕事をしていると、何時間も同じ姿勢でいることが多くなり、結果として、筋肉が固まってしまい、血の巡りも悪くなって肩こりになる人が多いのです。

 

また、パソコン作業では、まばたきをせずに集中して画面を見続けていることも多いため、目が疲れたりドライアイになって、疲れ目から頭痛や肩こりを起こす人もいます。

 

パソコン作業を続けるのは1時間以内にとどめ、時々立ち上がってストレッチをしたり、別の部署に書類を届けに行くなど体を使う作業も率先して行うようにすると良いでしょう。

 

重たい物を持つ、激しい運動をするといった肉体的なストレス以外に、心理的なストレスを受けた時でも肩こりは起こりやすいです。

 

心理的なストレスがかかると、体は交感神経を優位にして、いつでも行動を起こせるように準備をします。この時、筋肉や血管は収縮して、次の行動に備えます。

 

しかし、人間関係など、すぐさま行動にうつすことが必要ではないストレスの場合、収縮した筋肉や血管は発散されることはありません。長い時間、緊張しっぱなしになった筋肉や血管には老廃物がたくさんたまり、これが肩こりの原因になってしまいます。ストレスから来る肩こりを解消するためにも、ストレッチや軽い運動は効果的です。

 

体を動かすと筋肉がほぐれて血管を通して老廃物を運び去ってもらえますし、運動することで脳の中に幸福ホルモンとも呼ばれるセロトニンやβエンドルフィンが分泌されて、気持ちをリラックスさせてくれるのです。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから