「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

肩凝りと不眠の関係―接骨院がく伊勢崎韮塚院で自律神経のバランスを整える

■肩凝りで不眠になる?


肩凝りとは、そもそも肩と肩と繋がりのある筋肉が緊張しその収縮によって血管が圧迫されることで起こる血行不良が原因です。血行不足はその部分に必要な酸素や栄養素を届けられなくなるということですから、その体の異常事態を末梢神経が感知し脳に伝えます。異常を知らされた脳はその部分を保護する目的で「痛み」や「だるさ」「違和感」などを伝えます。いわば「ここに異常があるから休ませなさい、必要な措置を講じなさい」というサインを送っているわけです。

 

体の異常もその程度によりますが、人は多くの場合睡眠を摂ることで疲労した部分や傷ついた部分を回復させることができます。逆に言えば満足に睡眠を摂ることができなければ回復も難しくなるのですが、これは肩凝りも同じです。ところが肩凝りのせいでよく眠れないというケースもあり、こうなると肩凝りが回復せず症状が重くなってますます眠れないという悪循環が起こってしまいます。経験のない人からすれば「肩凝りが原因で不眠になるの?」と意外に感じるかもしれませんが、これには自律神経が関係しています。

 

■肩凝りと不眠と自律神経の関係


自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、日中の活動中は交感神経が優位に働き、睡眠をはじめとするリラックスタイムには副交感神経が優位に働きます。本来この2つの自律神経は必要に応じて切り替えられバランスをとって機能しているのですが、何らかの理由でこの切り替えがうまくいかず常に交感神経ばかりが優位に働いていると、体は常に緊張した状態となり筋肉や血管も活動過多となって疲労してしまいます。こうして筋肉の緊張と血行不良が起こり肩凝りとなってしまうのです。

 

また交感神経ばかりがいつも優位に働くと、体は常に覚醒している状態ですから本来就寝するべき時間帯もリラックスできません。こうして夜なかなか寝付けない、眠りに入ってもちょっとしたことですぐに目が覚めてしまうといった不眠に繋がるのです。そして前述の通り不眠ゆえに体が回復せず肩凝りも治らないという悪循環になるわけです。

 

■肩凝りと不眠を解消する方法


従って、肩凝りやそのせいで眠れないという人は、自律神経のバランスを整えることで改善あるいは解消できることさえあります。自律神経のバランスを崩す最も大きな要因はストレスですから、ストレス解消は一番の治療法。ゆっくりお風呂に浸かったり適度に運動することは、ストレス解消効果があるだけでなく筋肉をほぐし血行を良くするのにも有効なのでお勧めです。それでもなかなか改善されないようであれば、当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」にご相談ください。専門家による手技と先端機器を駆使して体の状態を整えることで自律神経のバランスも整えることができます。


接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから