「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

腱鞘炎はどこでみてもらう?接骨院がく伊勢崎韮塚院でも治療が可能です!

 

■腱鞘炎はどこでみてもらう?


腱鞘炎は手の腱や腱鞘が炎症を起こしている状態ですから外科の分野ということになるのですが、骨折や捻挫、打撲なども含めて外科分野の場合、病院の整形外科の他に接骨院や整体、カイロプラクティックといった選択肢もでてきますよね。中には「昔からウチでは骨折や脱臼はお馴染みの接骨院で診てもらっている」という人もいますが、実際腱鞘炎になった場合どこで治療してもらうのが最善なのでしょうか。

 

■整形外科


整形外科は医療の一部門であり、医師国家試験に合格した国家資格を持つ医師が骨や関節、神経、筋肉などの外傷を治療するところです。当然医療措置をとることができる機関であるため、医師の資格を持つものだけに許されるレントゲン検査や投薬、注射、手術などが必要に応じて施されることになります。

 

腱鞘炎で言えば、レントゲンやMRIを用いた患部の検査、痛みや炎症がひどい場合には患部へのステロイド局部注射、保存療法では回復の見込みがないと判断されれば腱鞘を切開して腱が引っかかっている部分を広げる「腱鞘切開手術」が行われることもあります。これらは全て医療機関にのみ許されている治療行為で、勿論それ以外の、例えばテーピングや湿布、電気や超音波を使った治療も可能です。

 

■接骨院


接骨院は医師資格ではなく「柔道整復師」という別の国家資格を持った専門家が施術にあたるところなので、「医療機関」ではなくより正確に言えば施す施術も「治療」とは呼びません。しかし医学全般を治める医師と違い骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷など外科分野で最も多い疾患に特化して専門的に学んでおり、その分野のエキスパートとして医療行為以外の様々な処置を施すことができます。

 

国家資格ですから単に「勉強した」というだけではなく、難しい国家試験に合格し国によって正式に「柔道整復師」として認められた専門家で、ある分野においてはむしろ整形外科より頼りになるということも珍しくありません。当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」も、病院では満足できなかった多くの患者様から高いご支持を頂いております。腱鞘炎という分野で言えば、マッサージやテーピング、超音波、電気療法などの措置で回復を目指します。

 

■整体・カイロプラクティック


整体やカイロプラクティックは関節や骨の歪みなどを調整する民間療法に属しますが、この分野を専門的に学んでいるとは言え開院するのに資格は必要ないため、極端な話ど素人でも「整体師」を名乗ることができます。勿論ほとんどの整体やカイロプラクティックはそれほど粗悪ではなく腕の良い整体師に診てもらえば症状が改善することもあります。

 

腱鞘炎に関していえば、普段の姿勢や手の使い方が悪いために慢性的な負担がかかって起こることもあるため、整体やカイロプラクティックで整えてもらうことも有効かもしれません。接骨院がく伊勢崎韮塚院では身体のバランスを整える施術も行っております。施術を受けたい方はお問い合わせください。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから