「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

「緊張性頭痛」はストレスや不自然な姿勢から来る血行不良が原因

日本では15歳以上の3人に1人が悩まされているという「頭痛」。そのタイプは大きく分けて2つあります。

ひとつは「2次性頭痛」といわれるものです。脳卒中や脳動脈瘤などの血管障害や、髄膜炎や腫瘍などの頭蓋内疾患がこれに該当します。このタイプの頭痛は命にかかわる危険性があり、多くの場合、医療機関での診察を受けることで特定されます。

もうひとつは、「1次性頭痛」といわれるものです。片頭痛(偏頭痛)や緊張性頭痛など、頭痛と聞いて一般的に連想されるのはこちらのタイプでしょう。

ここでは一般的な頭痛である「1次性頭痛」の対処法をご説明いたします。

1次性頭痛は、種類別に対処法が違う



1次性頭痛は、医療機関で検査を受けても原因がはっきりせず、とりあえず痛み止めや湿布薬を処方されるケースがほとんどです。しかし、それでは痛みを一時的に和らげることはできても、根本的な治療にはなりません。

頭痛は種類ごとに原因が異なるため、対処法もそれぞれ違ってきます。「接骨院がく」では、患者さんひとりひとりに丁寧なカウンセリングを行うことで、その痛みの原因を見極め、効果的な施術プランをご提案しています。

「片頭痛(偏頭痛)」は痛みがある時は安静に

片頭痛は、脳の血管が何らかの理由で収縮後、急に拡張する時に起こりやすいと言われています。この頭痛には次のような特徴があります。

*女性に多い
*一定の間隔がある。(月に1〜2回。月経前や月経中など)
*こめかみや目の周りが痛くなる
*頭の片方だけが痛い(まれに両側が痛くなることもある)
*吐き気を伴うことがある
*数時間から数日間、ズキズキとした痛みが持続する
*光や音で痛みが増すことが多い
*眠気やストレスを感じた後に起こりやすい
*遺伝の可能性が高い
*痛みのあまり寝込むなど、日常生活にも支障が出るケースがある

痛みがある時には、マッサージやストレッチなどは避けて、こめかみの辺りを冷やすなどしつつ、暗く静かな場所で安静にすると良いでしょう。痛みがある時は安静第一です。 痛みが治まったら、接骨院で診てもらうことをおすすめします。根本的な治療をするためには、身体のゆがみを取りバランスを調整し、筋肉を正常な状態に戻すことで、頭痛の原因を取り除いていくことが大切なのです。

緊張性頭痛は次のような特徴があります。一般的に頭痛持ちの方のほとんどがこの緊張性頭痛だと言われています。

*頭痛の他に肩こりもある
*頭(特に後頭部)が締め付けられる感じがする、頭重感がある
*目まいがすることがある
*勉強や仕事が忙しいなど、ストレスがあると痛くなる
*鎮痛剤など市販薬で改善することが多い
長時間同じ姿勢でいたり(身体的なストレス)、人間関係の悩み(精神的ストレス)などがあると、交感神経が刺激されます。すると、首や肩、背中の筋肉などが緊張状態に陥り、疲労物質(ピルビン酸や乳酸)をため込むようになります。これが神経を刺激して、頭痛を引き起こすのです。緊張した筋肉は血流を悪化させ、痛みをコントロールする脳の機能を低下させます。

このように緊張性頭痛は、ストレスや血行不良が原因のため、マッサージやストレッチなどで固くなった身体をほぐすと効果があります。さらに、入浴や軽い運動などをすると、交感神経が落ち着き、血行も良くなるのでおすすめです。

「混合型頭痛」と「群発性頭痛」

片頭痛と緊張性頭痛の原因は異なりますが、2つ同時に発症することがあります。これを「混合型頭痛」といいます。女性に多いのが特徴で、この際も痛みがある時は安静にし、痛みが治まっている時に治療をすることが大切です。

また、「群発性頭痛」といって、群発地震のように何度も痛みが襲ってくるケースもあります。患者数が少なく見落とされがちですが、手のしびれやひどい吐き気を伴うこともあり、注意が必要です。

どちらも根気よく施術し、頭痛が出にくい体質に変えていくことが大切です。痛みが頻発するようでしたら、早めに接骨院へご相談ください。

薬の飲み過ぎに注意!「薬物乱用頭痛」の危険性について


ひと月に15日以上頭痛があり、頭痛薬を10日以上飲んでいるなど、頻繁に薬を服用している場合は、使用過多による「薬物乱用頭痛」のリスクが高くなります。本来は痛みを抑えるはずの薬が、かえって頭痛を増幅させたり、胃に負担をかけてしまうのです。
薬に依存しすぎないように気をつけ、長期的な施術で体質を変えていくことが大切です。



頭痛の根本的改善には接骨院での継続的な施術がおすすめ

仕事などで、どうしてもパソコンを長時間使うという方は多いと思います。とはいえ、それが原因で頭痛や肩こりになったとしても、仕事を辞めるわけにはいきませんよね。
もし症状があまり続くようであれば、一度接骨院に相談してみましょう。

一次性頭痛は、身体の歪みをとり、筋肉をほぐし、血行を良くすることで解消されます。こっているところだけをマッサージするのではなく、身体全体を見て、触れて、頭痛の根本的な原因を探っていくことが大切なのです。
継続的に施術を受けることで、神経は安定し、症状も改善に向かいます。頭痛になりにくい体質にしていくことが、再発予防にもつながるのです。

「接骨院がく」が選ばれる理由



関節や筋肉のバランス、骨盤の歪みなど、頭痛の原因は人によってそれぞれ異なります。「接骨院がく」では、柔道整復、マッサージ、整体・矯正、電気治療など、患者さんひとりひとりにカスタマイズした施術を行うことで、効果的に頭痛を軽減していくことが可能です。

しかし、数回の施術で痛みが治まったとしても、それは完治とは言えません。痛みを取り除くことができても、頭痛の原因を究明しなければ、またすぐに再発してしまうからです。
そこで、当院では施術後のアフターケアにも力を入れています。頭痛の再発防止には、生活習慣の改善も必要です。日常生活のアドバイスや、日常でもできるトレーニングの方法なども丁寧に指導しています。

平日は21時まで診療しているので、仕事の関係で夕方までに来院できないという方も安心です。土曜日は午後2時まで受け付けています。もちろん駐車場もございます。
また、長時間の抱っこなどで不自然な姿勢を続けることの多い子育て中のママさんにも通院しやすいように、子どもが喜ぶおもちゃやDVDをご用意しています。

頭痛でお悩みでしたら、ぜひ「接骨院がく」へ気軽にお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。



接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから