「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

効果的な温熱療法について 伊勢崎市 接骨院がく伊勢崎韮塚院

接骨院がく伊勢崎韮塚院に来られる患者様の中には、ケガなどで整形外科にかかり、その後、リハビリのため接骨院がく伊勢崎韮塚院に通ってこられる方もいらっしゃいます。この症状の場合は温めたらよいのか、冷やしたらよいのか悩まれる方が多くいます。

 

患部を冷やす意味について考えてみましょう。ケガをした直後は、ケガをした周りの組織が炎症を起こし、触ると熱くなっています。出血を止めたり、炎症を治めるために患部を冷やしましょう。しかし、冷やして炎症が治まった後も患部をずっと冷やし続けていると、血行が悪くなりますから、痛みの原因となる成分が患部から出て行けず、痛みが長引いてしまうのです。
なので、強い痛みが無くなってきたら今度は温めて血行を良くしてあげると経過が良くなります。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院では、電気や超音波、赤外線などを出す医療マシーン使って患者様の体の奥から患部を温めていきます。温熱剤ジェルの入ったパックを温めてから腰や背中に巻き付けて使うホットパックを使うこともあります。自宅でこうした医療器具を買いそろえるのは大変ですが、自宅でも効果的に患部を温める方法があります。

 

ホットパックの代わりに使えるのはタオルパックです。普通のタオルを温かいお湯につけて絞るか、電子レンジで蒸してから患部に当てます。ホットパックに比べると冷めるのが早いので、何回か取り替えなければならず多少面倒ですが、効果はあります。

 

タオルの温度はやけどをしない程度、手で触って熱過ぎないくらいにしてください。タオルパックよりも温度を保つ効果がある、使い捨てカイロを使った温熱療法も効果があります。カイロは低温やけどを起こしやすいので、皮ふに直接貼らないように注意してください。背中や腰をカイロで温めたい場合は、中にTシャツを1枚着て、その上からカイロを貼ると良いでしょう。

 

お風呂も自宅で手軽にできる温熱療法です。お風呂で十分体を温めるには、湯船につかりっぱなしでなくても良いので、全部で20~30分は湯船の中にいるのが理想です。温熱療法として効果的な入浴方法は、最初に38~40度のぬるめのお湯に5~10分つかります。それから15~20度の冷ためのシャワーを患部に当てます。そしてまた3~4分お湯につかります。これを5~7回繰り返しましょう。

 

効果的な温熱療法についてもっと知りたい方は、接骨院がく伊勢崎韮塚院のスタッフにお気軽にご相談ください。

またご自宅でできる温熱の他に

接骨院がく伊勢崎韮塚院では

インディバアクティブというスペインの機械を採用しています

セリエAやツールドフランスなどでもトップ選手がケガの治療に使用している機械を使った温熱療法です。

かなり効果的な温熱療法なので体が冷えたことによる痛み、関節や筋肉がこわばって動きの悪くなった場所へのアプローチに

最適です。

ご希望の方は当院までお問い合わせください。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから