「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

間違った対処で痛みが悪化?寝違えたときは首を冷やして伊勢崎接骨院へ 接骨院がく伊勢崎韮塚院

起きたときに「寝違えた!」と思ったら、首を冷やして接骨院へ行くのがおすすめです。痛い場所を温めたり、マッサージしたり、ストレッチしたりすると、かえって痛みが強くなってしまいます。寝違えが重度化するまえに、プロの手を頼りましょう。

寝違えたときは、なるべく早く首を冷やし、接骨院へ行くことをおすすめします。なぜなら、自己流で間違った対応をすると、たかが寝違えとはいえ重度化、慢性化してしまうからです。

今回は、寝違えの原因や、ついやってしまいがちな痛みを強くする間違った対処法、痛みに対する適切なアプローチを説明していきます。

そもそも寝違えってなに?どうして起きるの?


「寝違え」とは、おもに首まわりの筋肉を痛めてしまい、炎症が起きることを指します。筋肉に冷え、緊張、無理な姿勢による負荷がかかることによって、筋が痛んだり、炎症が起きたりするのです。

起きたときに首・肩・背中が痛いのが寝違え


起きたとき、首を特定の方向に動かすと痛みが走る、または、痛むので特定の方向以外に顔や首を動かすことができない場合、寝違えだと思って対処しましょう。

痛みの程度は、寝違えの重症度によって変わります。激痛が走ってしまい、一日中横を向いたままでないと生活できないくらい痛い場合もあれば、ごく軽症で、なんとなく首に違和感がある程度ですむ場合もあるのです。

重症になると、首だけでなく肩や背中にまで痛みが走ることもあります。

寝ているあいだの負荷や冷えで筋肉を痛めてしまうことが原因


多くの場合、寝違えて首が痛くなってしまうのは、寝ているあいだの姿勢や冷えによって、首まわりの筋肉を痛め、炎症が起きてしまうことが原因です。

首の寝違えは、「つき指」や「足をくじいた」といった、けがと同じだと考えればわかりやすいでしょう。

たとえば、バランスを崩して足をくじいたとき、足首には強い負荷がかかります。無理な負荷がかかったことで、足首まわりの腱や筋肉が無理に引き伸ばされてしまい、痛めてしまうのです。寝違えたときは、基本的に足をくじいたときと同じ反応が首で起きています。

睡眠中に、一瞬で足をくじくほどの負荷がかかることはありません。しかし、たとえば6時間ずっと首に負担のかかる体勢のまま寝ていた場合、結果として首の筋肉が耐えきれないほどの負荷になってしまうのです。

また、寝ているあいだ冷えによって筋肉が緊張しつづけた結果、炎症を起こしてしまう場合もあります。筋肉の機能は、ゆるんだり縮んだりして体を動かすことです。ゆるみっぱなしはともかく、筋肉が縮みっぱなしになると負荷がかかりつづけることになるため、どこかで限界を越えて、痛めてしまいます。

不注意だけではない!寝違えが起きる理由3つ

寝違えの原因は、「おかしな体勢で寝てしまって首を痛めること」と「首が冷えて筋肉が限界を越えて緊張し、首を痛めること」です。

しかし、少しくらい変な体勢で寝てしまったところで、すぐに寝違えてしまうわけではありません。問題は、「寝ているあいだの寝返りが少ないこと」なのです。

寝返りが少ないと、同じ体勢のまま首に負荷をかけつづけることになります。人間は本来、適度に寝返りをうつことで体の負担を分散し、どこも痛くならないように調整しながら寝ることで疲れをとっているのです。

ただ、極度に疲れていたり、間違った寝具選びをしていたりすると、寝返りがうちづらくなります。首を寝違えやすくする理由を知って、できる範囲で対策しましょう。

1.体が疲れていると寝違えやすくなる


暴飲暴食をしたり、生活リズムが崩れていたりすると、体に疲労が溜まります。とくに、内臓に疲れが出ている場合、寝ているあいだの体の向きや姿勢が固定されやすくなってしまうのです。

寝るまえの1時間はパソコンやスマートフォンを触らない、温かい飲み物を飲んでから寝る、といった方法で、なるべくリラックスした状態で眠るようにしましょう。

2.高すぎるor低すぎる枕は寝違えのもと!


枕が高すぎたり、低すぎたりすると、寝ているあいだ首に負担がかかりやすくなります。寝違えてはいなくとも、起きたときいつも首にだるさを感じるなら、一度まくらの高さを調整してみるのがおすすめです。

3.寝返りがしづらい寝具で寝ている


ソファや、やわらかすぎる寝具で寝ている場合、うまく寝返りがうてません。寝具はある程度の固さがあるものを使うのが理想的です。

絶対に厳禁!痛みを長引かせる寝違えの間違った対処法3つ


朝起きて寝違えに気付いた場合、絶対にやってはいけない間違った対処法を3つご紹介します。

1.痛みのある場所を温める


寝違えたときは、血流をよくしようと温めることはやめたほうがよいです。首を痛めているときは、首の筋肉、痛みのある場所が炎症を起こしています。炎症を起こした場所は、ただでさえ痛みと熱をもっている状態です。イメージしやすい言葉でいうと、やけどをしているようなものだと考えましょう。

やけどをした場所をよくするために、温める人はいません。熱くなっている場所をさらに温めても、痛みが軽減することはないのです。大切なのは、炎症を起こしている場所を冷ますことなので、痛みのある場所は温めないように注意しましょう。

2.痛いからとストレッチする


多くの場合、寝違えた場所は長時間筋肉が引き伸ばされ、負荷がかかった結果痛めています。寝違えたときに限らず、つき指をしたときなども患部をストレッチする人がいますが、伸ばしてけがをした場所をさらに伸ばしても痛みが強くなるだけです。

また、しばらく動かしていれば元に戻るだろう、と痛みを我慢して首をぐるぐる動かす人もいます。動かしても痛みが悪化する可能性が高いため、なるべく動かさないようにしましょう。

3.自己流でマッサージをする


「痛い場所をもみほぐす」のも、間違った対処法です。痛めて熱をもっている患部に、温かい手をあて、マッサージで血流をよくすると、ますます患部は熱をもって痛みが強くなってしまいます。

つき指も、足をくじいたときも、寝違えたときも、患部はできるだけ触らないのが状態を悪化させないコツなのです。

寝違えの痛みは接骨院で!寝違えの適切なアプローチとは?

寝違えたときは、ストレッチやマッサージはさけ、患部を冷ましてからできるだけ早く接骨院へ行くのが、もっとも適切なアプローチです。

患部を冷やして炎症を抑える


炎症は、放置しているとますますひどくなります。氷や保冷剤などを使って冷ますことで、炎症を抑えつつ、痛みを抑制することができるのです。

なお、冷やしすぎて低温やけどにならないように注意する必要があります。おすすめは、感覚がなくなってきたら一度保冷剤などを外し、感覚が戻ってきたらまた冷やすという方法です。

炎症を抑えてから筋肉をゆるめる


炎症を抑えるまでは、自分でできます。しかし、炎症を抑えてからの対処は、接骨院に任せましょう。どこをどういうふうに痛めているかを正確に判断し、炎症を悪化させないように筋肉をゆるめることができるのが、プロだからです。

筋肉の緊張がとければ、痛みが悪化することはありません。

鍼灸の対処を行う場合も


筋肉をゆるめる方法にも、さまざまな種類があります。鍼灸を使うこともあれば、低周波治療器を使う場合、手技を使う場合もあるのです。どういう方法を使うかは、接骨院によって違います。

寝違えたとき、たいしたことがないと痛みを甘くみて行動する人も少なくありません。しかし、首の寝違えもつき指や捻挫と同じような立派なけがの一種なのです。不用意に患部を温めたり、ストレッチしたりすれば痛みはひどくなります。

寝違えてしまったときは、患部を冷やしてできるだけ早く接骨院に行きましょう。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから