「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

寝違え

寝ている間に不自然な姿勢が続いたり、身体が冷えてしまったりすると、筋肉が緊張して寝違えを起こしてしまうことがあります。寝違えによって筋が損傷し、痛みが気になる時は、群馬県伊勢崎市の接骨院がく伊勢崎韮塚院にお任せください。

どうして寝違えが起こるの?寝違えの原因とは
朝、起きた時に首回りに痛みやしびれといった症状が見られる寝違え。その原因となるのは、就寝中の不自然な姿勢や、身体の冷えです。これらの原因によって、筋肉の緊張が強くなると、寝違えの痛みが生じます。

寝違えの症状
寝違えの症状は、人によって様々です。ひどい場合では、首筋だけでなく肩や肩甲骨まで痛みが走ることもあります。また痛みの種類も、ズキズキと鋭く痛むものから、重たい感じがするもの、しびれのような神経症状が出るものまで幅広くあります。寝違えの症状でお困りの方は、お気軽に当院までご相談ください。

寝違えの対処法
もしも寝違えを起こしてしまったら、まずは自分でできる対処法で、痛みを和らげましょう。患部を揉むなどの誤ったケアを行うと、痛みを余計に長引かせてしまうおそれがあります。寝違えの痛みをなるべく残さないためにも、適切な応急処置を施すとともに、なるべく早めに当院までご相談ください。

アイシングで応急処置をしよう
寝違えを起こしたら、ご自宅ですぐにできる応急処置をしましょう。寝違えに有効なのは、アイシングといって冷やす処置です。湿布ではなく、氷を使ってしっかりと冷やしてください。氷水の入ったビニール袋、またはタオルを巻いた保冷剤を、患部に10~15分程度当てます。この時、肌が凍傷にならないようにお気をつけください。アイシングは1日に3~5回行います。

誤った寝違えのケアに注意
寝違えの痛みが気になるからといって、寝違えて傷めた部分を揉んだり、強くストレッチしたりするのは逆効果です。誤ったケアにより炎症を悪化させると、痛みが1週間以上も残ってしまうおそれがあります。適切なアイシングを行うとともに、くれぐれも患部を揉まないようにお気をつけください。

接骨院がく伊勢崎韮塚院の寝違え治療
当院は、寝違えの治療も得意としています。寝違えの痛みを揉まない方法で治療しますので、安心して施術を受けていただけます。その際は、アイシングをするとともになるべく早めに治療するのが大切です。

寝違えの痛みを根本的に改善
当院では、柔道整復師による手技と最新の機器による治療を、患者様の身体の状態に合わせて組み合わせています。寝違えによる痛みを根本的に改善していきましょう。寝違えを起こしてしまった患者様も、寝違えの痛みが残ってしまった患者様も、どうぞお気軽にご相談ください。

寝違いがなぜ起こってしまうかというと、就寝中に不自然な姿勢が続いたり冷えたりすることにより、筋肉等に痛みや腫れが起こり、筋緊張が強くなってしまうからです。

人によっては、肩や肩甲骨まで痛みが走ったりします。痛みとしては、ズキズキするするどい感じや、重い痛みがでたりします。痺れのような神経症状が出る場合もあります。

 

寝違いの対処

筋の損傷によって痛みが出ておりますので、寝違えた場合のご自身でできる対処としては、まずはアイシングと安静にすることが一番です。

アイシングとは、要するに冷やすことです!ここで気を付けなければいけないことは、氷で冷やすこと!!シップではダメです。効果がありません。

氷水を入れたビニール袋を患部に10~15分程度当てて炎症を鎮めます。保冷材を使う場合には、直接肌に当てると凍傷を起こす場合がありますので、1枚タオル等をかませてあげると良いでしょう。それを1日に3~5回程してください。寝違えた後に、痛めている場所を揉んだり強くストレッチをしてしまうと逆に炎症を広げてしまい、1週間以上も痛みが残る場合が多々あります。

当院は、寝違い治療を得意としております!揉まないでも治る治療法があります。 アイシングをしてなるべく早く受診していただければと思います。

 

 

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから