「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

肋間神経痛の悩みも接骨院がく伊勢崎韮塚院でご相談にのれます

脇のピリピリとした痛みは肋間神経痛


脇がピリピリと痛む場合、肋間神経痛が疑われます。この疾患は風邪や帯状疱疹といったウイルスが影響しているケースと、狭心症やがんによる痛みが原因であるケースが多く、ほとんどの場合は前者である可能性が高いです。

そのため病院で受診をすると鎮痛剤や湿布を処方され、これで治ってしまうことが多いですが、稀にこういった処置でも治らないことがあります。

薬で改善しない場合は、疲労からくる姿勢の崩れによって肋間神経の流れが悪くなる、血管が圧迫されて痛みが出るといったことが原因として考えられます。

姿勢の崩れは様々な身体の不調を招くものなので、肋間神経痛においても無視できません。もし病院で処方してもらった薬、湿布で症状が改善せず、姿勢の悪さに心当たりがあるのであれば、こちらの改善に取り組んでいくことも大切です。

 

 

姿勢を保てるように

 

正しい姿勢を保つことが肋間神経痛の原因を解決することに繋がってくるので、普段から意識して背筋を伸ばし肩を開くように心がけるようにしましょう。

接骨院がく伊勢崎韮塚院では姿勢の改善についてアドバイス、身体の歪みがある場合は矯正によって調整も行っています。何気ない生活習慣が姿勢の崩れに繋がっていないか、普段の生活のお話を聞きながら原因を探らせていただきますので、お気軽にご相談ください。

ストレッチや体操などで正しい姿勢を維持するための筋肉作りなどもご協力することが可能です。長年の姿勢の崩れで身体が丸まってしまっているという場合でも、骨格矯正にて正すことが可能ですから、肋間神経痛の悩みはもちろん美しい姿勢を取り戻すためにもお役立てください。

美しい姿勢を手に入れるだけで見た目年齢はぐっと若くなりますし、特に女性の場合は凛々しい美しさを手にすることができますから、姿勢矯正はとてもおすすめです。

 

肋間神経痛の根本的な原因は疲労からくることも


薬で治るケースであってもそうでない場合も、肋間神経痛の原因を深く掘り下げていくと疲労が問題になっていることがあります。

身体が疲れていると免疫力が下がりウイルスに感染しやすくなり症状が現れる、また疲れていると体力が落ち正しい姿勢を維持しにくくなるため、肋間神経痛に悩まされやすくなるのです。

一見疲労と肋間神経痛は関係無いように思えるかもしれませんが、疲労を溜めないようにすることで発症のリスクはグッと下げることが可能ですから、疲れを溜めないよう心がけるのはとても大切なことと言えます。

 

当院ではマッサージや電気療法などの施術で身体の疲れをほぐしておりますので、ぜひご来院ください。疲労を溜めないよう心がけると肋間神経痛ばかりでなく様々な身体の不調にも悩まされにくくなります。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから