「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

産後にこそ通いたい!子連れでも安心な伊勢崎接骨院の条件とは? 接骨院がく伊勢崎韮塚院

子連れでも安心して通える接骨院の条件には、「実績があること」「近場であること」「子連れOKの記載があること」といったものがあります。ここでは、子連れに適した整骨院の条件について詳しく紹介します。

 

妊娠中だけではなく、産後の腰痛に悩まされ続ける方や、尿漏れ、体型・体重が戻らない、恥骨・股関節が痛むといった症状に悩まされる続ける方は少なくありません。

子連れでも安心して通える整骨院の条件、そして産後の骨盤のズレに整骨院がおすすめな理由をご紹介します。

 

子連れで行く整骨院の最低条件は5つ!


子連れで整骨院に通う場合、どこの整骨院でもOKというわけにはいきません。
最期まで通い続けるために、最低でも以下の条件をチェックしてください。

1. きちんとした実績がある


整骨院にはそれぞれ得意分野があります。産後の骨盤矯正の施術をほとんど行ったことがない接骨院も存在するでしょう。
ホームページで確認できる場合もありますが、ホームページに実績の記載がない場合は、電話やメールで問い合わせをすることをオススメします。

2. 遠方はNG! なるべく近場で


整骨院での治療は1回で終わるものではなく、1週間~2週間に1回など、数回通うことになります。
子どもを連れて遠方に通うだけでも大変な手間になりますので、評判の良い整骨院であっても、遠方の接骨院は避けるべきでしょう。なるべく、自宅から近い接骨院にしてください。

3.ホームページで“子連れ、赤ちゃん連れOK”と記載あり


ホームページなどで“子連れ、赤ちゃん連れOK”と記載がある場合は、常日頃子供や赤ちゃん連れへの応対に慣れている整骨院ですので、そうした整骨院なら安心できます。
特に記載がない場合は、直接「子連れ、赤ちゃん連れでも大丈夫ですか?」と問い合わせてみると良いでしょう。

4.子連れのための最低限度の設備がある


たとえ整骨院が子ども、赤ちゃん連れでも大丈夫と言っていたとしても、実際にそこで子供や赤ちゃんが快適に過ごせ、リラックスして施術が受けられるかは別問題ですので注意すべきです。
よちよち歩きの子どもだと、ママが施術中に「じっと座って待って」と言っても難しいですよね。その場合、キッズスペースが設けられているなど、遊んで待っていられる場所が必要です。赤ちゃんの場合は、安心して寝かせられるベビーベッド、おむつ替え、授乳のスペースも必要です。
ホームページに記載が無かったら、事前に問い合わせておきまょう。

5.スタッフが子どもへの対応に慣れている


施術中は自分でお世話ができませんので、その間は接骨院のスタッフに子供や赤ちゃんのお世話を頼まざるを得ない場合があります。他の患者さんもいますので、できるだけ泣き声などには気をつけたいところですよね。子どもや赤ちゃんを上手にあやしてくれるスタッフならとても助かるでしょう。
逆に、そうした対応ができない場合は、じっくり施術を受けられなくなり、通い続けるのは難しくなってしまうかもしれません。

理想的な接骨院の条件3つ!

産後のケアに特化している接骨院は、子連れで通いやすいように手厚いサービスを行っています。
こうした整骨院の場合、保険適用外の自由診療であることが多いようですが、子どもと気兼ねなく通いたいという方には以下のような整骨院がおすすめですよ。

1.子供が動けるスペースがある


病院などに通うために、託児所やベビーシッターを利用する方もいることと思いますが、そうした方にとっては無料の子供を見てくれる場所が整骨院に併設されているのはとても助かります。
自由診療で少し料金が高くても、じっくり時間をかけて施術してもらえますし、安心して子どもを預けることができ、また少しの間子どもと離れることで日頃の疲れをリフレッシュすることもできるでしょう。

2.子育て経験のあるスタッフがいる


ほとんどの整骨院では、子供や赤ちゃんの対応は女性スタッフが行っているようです。
女性という点は安心かもしれませんが、通常業務をしながらですので、親としては気兼ねなくというわけにはいきません。子育て経験のあるスタッフがいる、スタッフの人数が多いなどの整骨院が理想的と言えます。

3.子連れ専用の時間帯がある


子連れの場合、スタッフ以上に気を遣うのは他の患者さんに対してですよね。
産後ケアに特化した整骨院の場合、子連れ専用の時間帯を設けている場合もあります。
誰にも気を遣わず施術を受けたいという方は、そうした時間帯設定が設けられている整骨院を選んではいかがでしょうか。

 

放置は危険! 産後の骨盤のズレに整骨院がおすすめな理由

産後は産まれたばかりの赤ちゃんのお世話に忙しく、自分のことは二の次、三の次になりがちですね。
しかし、産後しばらく経っても変わらない骨盤の歪み、腰痛、尿漏れ、戻らない体型・体重などの症状が出ているのにも関わらずそのまま放置しておくと、さらなるトラブルが起こりやすくなることも。
できるだけ早めに、しかるべき施設に通院して骨盤のズレを治しましょう。

1.骨盤は必ず正しい位置に戻るわけではない


出産時に女性の骨盤は、赤ちゃんを通すために開き、本来逆三角形であったものが、台形のような形になります。もちろん、出産後6~8週間かけて骨盤は元の形に戻ろうとするのですが、困ったことに必ずしも元の状態に戻るわけではありません。
骨盤が開いたままという場合もありますし、左右交差して固定されてしまうことや、どちらかが前方、あるいは後方に傾いて固定されてしまうこともあるのです。
そうなると、骨盤に違和感があったり、尿漏れが起きたり、腰痛、恥骨・股関節の痛みなど、さまざまなトラブルが起こります。
そのまま放置しておくと、骨盤周りに脂肪がつきやすくなり、腰痛だけではなく、肩凝りがでてくる場合もあり、女性特有の症状に悩まされることも。
出産後の子育て、次の出産のためにも、骨盤のズレを戻すことは大切だと言えるでしょう。

2.産後の骨盤のズレは整形外科では治療できない?


腰痛などといった症状があるのですから、整形外科で診てもらうことももちろん可能です。
しかし整形外科の場合、症状の原因を探すためにレントゲン撮影をしますが、産後の骨盤のズレが僅かミリ単位ですので気づかれないこともあるのです。
そうした場合、整形外科での治療では痛みを和らげる注射や薬、湿布などを処方されるのみになりますので、根本的な骨盤のズレの治療にはなりません。

3.整体での骨盤矯正は高額


骨盤のトラブルは、整体ももちろん対応しています。
しかし整体の場合、整形外科、整骨院とは異なり、健康保険が適用されません。つまり、料金がかなり高額になってしまう場合があります。保険適用の整骨院なら1回数百円で済むところ、整体だと1回数千円程度かかるでしょう。

整骨院では産後の骨盤のズレを改善してくれますし、腰の捻挫などは保険適応でみてもらえます(その接骨院によっては保険適用ではない場合もありますので、事前確認はしておきましょう)、効果、通いやすさを考えると、一番おすすめですよ。


まずは産後ケアの実績があるか、子どもを連れての通院は可能か、予約の際に問い合わせることが大切です。
特に赤ちゃんを連れての通院の際は、泣き声への対応、おむつ替えスペース、ベビーベッドなど、具体的なことも聞いておくことで、安心して施術が受けられるでしょう。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから