「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

施術の効果倍増!伊勢崎接骨院の電気療法について解説 接骨院がく伊勢崎韮塚院

接骨院における電気療法によって、筋肉を電気刺激で動かしてほぐすことで、血流の改善や痛みを軽減するなどの効果が期待できます。ここでは、電気療法の種類や効果、用いる際の注意点について説明します。

接骨院における治療の一つとして電気療法があります。電気療法は、筋肉を電気刺激で動かしてほぐすことで、血流の改善や痛みを軽減することが目的です。

怪我や痛みのある部分を直接刺激すると症状がひどくなる可能性がある場合などでも、電気刺激で患部周辺の筋肉を無理のない範囲で動かすことで、回復を促進させることができます。

ここでは、電気療法の種類や効果について説明していきます。

電気療法の効果


固くなった筋肉をほぐすマッサージ作用
電気療法は、肩凝りや腰痛、膝の痛みや五十肩など、さまざまな症状に対して効果が期待できます。また、骨折や捻挫などの怪我の痛みを軽減させたり、筋肉の過度な緊張を和らげる効果もあります。

自律神経系の働きを良くする調整作用


さらに、電気療法は、自律神経系や内分泌系といった内臓疾患にも効果があるとされており、便秘や下痢、花粉症の症状改善も期待できます。

電気療法の仕組みと種類

人間の脳や筋肉などは弱い電気を発生させています。そのため、その発電機能の異常により体に麻痺や痛みがあるときなどは、外側から電気刺激を与えることで、筋肉を動かすことや痛みを軽減することができるのです。

電気療法には、用いる機器や周波数などの違いにより、以下のような種類があります。

痛みや凝りに効果的な低周波治療法


低周波治療は、1〜1,000Hzという低い周波数の電気を用いる治療方法です。人体に低周波の電気を流すと筋肉が伸縮します。筋肉が弛緩したときは大量の血液が送り込まれ、次に緊張したときに老廃物を含む血液が筋肉から送り出されます。これを繰り返すことで血流が改善されていきます。

この治療には低周波治療器が用いられ、打撲や捻挫の痛みを和らげることや、凝りをほぐすことができます。また、痛みのある部分に低周波電気を流すと、感覚神経が刺激され、脳に痛みの感覚を伝達しにくくなるとされています。低周波電気は、一般的には皮膚抵抗が大きいため浅層部に対して効果を発揮します。

リハビリや筋トレに効果的な神経筋電気刺激療法


神経筋電気刺激療法は、筋肉や運動神経に電気刺激を与えることで、筋肉を収縮させる治療です。主に、麻痺して動かない部分のリハビリなどで使用されます。近年は、スポーツ分野でも注目されており、筋肉トレーニングとしての使用も増えてきています。

自然治癒力を高める微弱電流療法


微弱電流療法は、身体に元々流れている生体電流に似た微弱な電流によって、怪我や痛みを治療するものです。マイクロカレント療法とも呼ばれます。

通常、生体電流の中では電子がきちんと配列されていますが、トラブルが発生すると、その電子の配列が乱れてしまいます。そこに、微弱な電流を流すことで、細胞の電気バランスを安定させ、活性化させることができます。その結果、自然治癒力が高まり、痛みや疲労の回復が促進されます。

深部まで治療できる干渉波治療法


干渉波治療法は、周波数の異なる2種類の電流を干渉させることで発生する干渉波を用いる治療法です。干渉波は中周波であり、皮膚抵抗が低いため身体の深部まで治療することが可能です。

干渉波が筋肉を刺激することにより、血流が促進されたり、痛みが軽減されたりします。また、干渉波は体内で発生するため、低周波治療と比較してピリピリとした痛みが少なく、安心して治療を受けられます。

>主に筋トレに使用されるロシアン電流刺激療法


ロシアン電流刺激療法は、2,500Hzの中周波を用いた治療法で、主に筋肉トレーニングに使われます。また、麻痺で衰えた筋肉を刺激するために使用されることもあるようです。ロシア人によって紹介されたことからこの名前が付けられています。

深部の痛みに効果的な高圧電流刺激療法


高圧電流刺激療法は、高圧電流を短時間流すことにより、低周波では届きにくい深部の凝りや痛みを解消する治療です。また、神経にも直接働きかけ、自然治癒力を高めることもできます。

皮膚への刺激も少ないため、電気が流れている感覚をほとんど感じることなく、治療を受けることができます。

浅層から深層まで治療できる立体動態波刺激療法


立体動態波刺激療法は、電流を3次元的に交差させることで複雑な干渉波を発生させて、立体的な治療を行うものです。浅層部から深層部まで広範囲を治療できるのが特徴で、筋肉障害の治療や痛みの軽減に効果があります。

温熱効果のある超音波治療法


超音波は、人間の耳には聞こえない細かい周波数で振動する波動です。電気とは異なりますが、中周波や高周波の電気刺激と同じく身体の深部まで届き、筋肉の緊張を和らげたり、痛みを軽減できます。

また、超音波が身体の組織に吸収されるときに熱が発生するため、温熱効果もあります。身体が温まることで、血行の促進や痛みの緩和などの効果も期待できます。怪我をした後すぐにでも使用できるため、スポーツ選手などに多く採用されています。

電気療法の注意点

以上のように、電気療法はさまざまな良い効果が期待できる反面、注意点もあります。気になる点は、必ず事前に相談してから治療を受けることが大切です。

過度の電気刺激は状態を悪化させることも!?


電気療法は、筋肉や神経を刺激することで、痛みの軽減などを図っています。適度な刺激であれば、神経機能に働きかけて回復を促進させることができますが、過度の刺激は生理的機能を妨げ、治療どころか状態を悪化させてしまう危険性もあります。

電気刺激が少ないから治療効果がない、と不安に思ってしまうこともあるかもしれませんが、身体に無理のない程度の刺激で治療を行うことが大切です。刺激を強くすれば効果が大きいとは限らないので、効果が不安な場合は、接骨院で説明を聞き、相談してみましょう。

ペースメーカー装着時は注意が必要


ペースメーカーを装着している場合は、電気刺激により心拍が変わってしまう危険性があるため、必ず事前に確認が必要です。また、重い心疾患や不整脈がある場合も、電気刺激が身体に悪影響を及ぼす可能性があるため注意する必要があります。

皮膚にも注意が必要


治療方法によっては、身体に電気を流すために皮膚にパッドを貼り付ける場合もあります。その際は、パッドの影響がない健康な皮膚であることの確認が必要です。

すぐに効果が出ないことも!?継続した治療も大切


たった1回の電気治療によってすぐに症状が改善されることは珍しく、何回か治療を受けることで、症状が少しずつ良くなっていくのが普通です。また、治療を受けた直後は楽になっても、すぐにまた辛い症状が現れることもあります。

さらに、施術効果が身体に溜まり、一定期間継続して治療を受けることで初めて施術効果が現れる場合もあります。効果が出なくて治療に不安があるときは、接骨院で相談しながら、治療を継続してみることも大切です。


以上のように、電気療法を適切に用いることで、身体の痛みを軽減したり、回復を促進したりできます。ただし、治療法によって効果は異なり、過度な治療には注意が必要であるため、接骨院で十分な説明を受けて治療を進めることが大切です。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから