「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

接骨院がく伊勢崎韮塚院でも治療が可能な「緊張性頭痛」とは?

■肩凝りで起こる「緊張性頭痛」とは


肩凝りがひどい人は頭痛も併発しやすくなります。そのメカニズムはよく分からなくても、「肩凝りは頭痛の原因になる」という話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。実際、頭痛には片頭痛などの慢性的な頭痛もありますが、肩凝りによる「緊張性頭痛」が全体の約7割を占めているとも言われています。

 

特にデスクワークをしている人に多く、よく「ヘルメットをかぶったような」「はちまきで締め付けられるような」と表現されるように頭にギューッとした痛みを感じるのが特徴で、それが日常的、持続的に起こります。痛みに悩まされ病院で検査を受けても特に異常は見当たりません。これを「不定愁訴」と呼びますが、それはその原因が同じく不定愁訴の1つである肩凝りから来ているためです。

 

■緊張性頭痛が起こるメカニズムとその誘因因子


そもそも肩凝りは、首や肩の筋肉が緊張し収縮するためにその中を通る血管が圧迫されて起こる血行不良によるものです。血行不良になると筋肉の中に乳酸などの老廃物が溜まってしまい、それが周囲の神経を刺激します。首や肩には頭部に繋がる神経も多く存在しますから、老廃物がそれらの神経を刺激すれば頭部に締め付けられるような痛みを感じるというわけです。

 

では緊張性頭痛の原因となる肩凝りはどんな誘因因子により引き起こされるのかというと、ご存知の通りデスクワークなどによる「長時間の同じ姿勢」や「姿勢の悪さ」があります。上半身が前かがみになった姿勢、例えばパソコン操作や猫背、車の運転などで長時間、慢性的に首から肩にかけての筋肉に負担を強いると、その筋肉が緊張し肩凝りとなります。

 

またパソコンやスマホなどで起こる眼精疲労、電磁波過敏症、運動不足による筋肉不足と血行不良、更には精神的なストレスによる自律神経への影響なども肩凝りになりやすい要因です。

 

■緊張性頭痛の治療法


まずはセルフケアにより緊張性頭痛を予防あるいは悪化させないようにしましょう。ポイントは、肩凝りつまり緊張状態を持続させないこと、その状態を小まめに断ち切ることです。デスクワークをしている最中でも、時折中断してストレッチやツボ押しなどで患部を物理的にリラックスさせてやりましょう。

 

勿論猫背など、元々姿勢が悪い場合には正しい姿勢に矯正することも大切です。同時に精神的にもリラックスできる時間をとりましょう。仕事を少し中断してリラックス効果のあるハーブティーを飲むなどちょっとしたことで構いません。1日の終わりにはゆっくり睡眠を摂れるよう、しっかりとしたリラックスタイムを作ると良いです。

 

セルフケアでも改善されないようであれば、肩凝りや頭痛治療の専門である当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」にご来院ください。筋肉の緊張をほぐし血流を改善する施術と共に、姿勢の矯正や生活習慣の改善法などもご提案させていただいております。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから