「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

接骨院の柔道整復師は国家資格!日本独自の医業、柔道整復術とは 接骨院がく伊勢崎韮塚院

柔道整復術は柔術の中の「活法」と呼ばれる裏技に由来する、日本独自であり、接骨院や整骨院を営む上では「柔道整復師」の国家資格が必要です。ここでは具体的な施術法など、柔道整復術について詳しく解説します。

街でよく見かける「接骨院」や「整骨院」には、必ず「柔道整復師」という国家資格を持った施術者がいます。似たようなイメージを持つものに「整体師」がありますが、整体師は民間の資格であり治療行為が行えません。

一方、柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫など治療行為ができ、医師の治療と同様に保険が適用されます。

では、柔道整復師が行う「柔道整復術」とはどういったものなのでしょうか。

柔道整復術は日本独自の医業


柔道整復術とは、日本古来の武術である柔術の中にある「活法」と呼ばれる人を治療するための裏技を応用した治療術です。骨や関節、筋、じん帯などに起きる骨折や脱臼、ねんざ、打撲、挫傷(肉離れ)などに対して、手術をせずに手技や固定といった施術をしながら自然治癒力で回復を促します。

柔道では受け身を重視するため他の柔術のように身体に大きな損傷をもたらすことは少ないものの、脱臼や骨折といった怪我は多く、そういった怪我を治すために古くから柔道の達人たちによって活法が用いられてきました。

そして、その技がやがて治療法として確立していき、今ある「柔道整復術」になったのです。

柔道整復術は大きく分けて3種類


柔道整復術は主に、骨折、打球、ねんざ、打撲、挫傷(肉離れ)に対して行われ、その多くは施術者の「手」によるものです。レントゲンや手術をはじめ、注射などの投薬は一切ありません。

そして、柔道整復術の施術法は大きく「整復法」「固定法」「後療法」の3つに分類され、この中からケガの種類や状態などに応じて最適な施術を行います。

では、それぞれの施術法について詳しくみてみましょう。

整復法


整復法は骨折によってずれてしまった骨や、脱臼によって外れてしまった関節を元の位置に近い状態に戻すために、骨を引っ張ったり曲げたりする方法です。応急処置の場合はレントゲン画像がないため、ケガをした時の状況や患部の見た目などから柔道整復師が目に見えない部分の状態を予測し施術をします。

ただし整復をしてそのまま放っておくとまた元の状態に戻ってしまいますので、整復のあとには次にご説明する「固定法」や「後療法」といった治療へと移ります。また、骨折や脱臼の場合、応急処置のあとの治療を柔道整復師が行うには医師の同意が必要となります。

固定法

固定法は骨折や脱臼、ねんざなどの際に、患部を一定期間固定して再発や変形などを防ぐ方法です。柔道整復術では手術は行わないため、主に次のような方法で皮膚の外側から固定を行います。

*安静
ギプスやテーピング、サポーター、包帯などを使って患部やその周辺を固定します。整復した状態からのズレを防ぐだけでなく、動くことで患部が腫れたり血管や神経に傷がつくことを防ぎます。

*圧迫
テーピングや包帯を使って患部を圧迫し、腫れや内出血を防ぎます。

*冷却
冷却材や氷などを使って患部を冷却し、患部の腫れや細胞の壊死を防ぎます。凍傷になることを避けるため1回の冷却時間は15分前後にとどめ、必要に応じて1日から3日程度続けます。

*拳上
患部を心臓より高く挙げることで、腫れや内出血を防ぎます。

後療法


後療法とはいわゆるリハビリにあたるもので、「手技療法」「運動療法」「物理療法」などを用いて患部に刺激を与え、患部を回復させ本来の状態に戻るように促す方法です。

手技療法


手技療法は柔道整復術の基本であり、器具などを一切使用せず、柔道整復師の素手のみで患部に刺激を与える方法です。手技療法には次のようなものがあります。

*軽擦法(けいさつほう)
手のひらや指を患部に密着させて軽く擦ります。手や指の摩擦熱により皮膚を温めて血行を促進し、新陳代謝を高めることで回復を早めます。

*強擦法(きょうさつほう)
手のひらで患部を擦りながら押します。溜まっていた老廃物の排出を促したり、炎症によって癒着した筋膜をはがす効果があります。按撫法(あんぶほう)とも呼ばれています。

*揉捏法(じゅうねつほう)
指や手のひらで患部をつかむように揉んだり抑えたりして筋肉をほぐします。血行を良くすることで老廃物の排出や筋疲労の回復を促します。

*叩打法(こうだほう)
肩たたきのようにリズミカルに患部を手で叩きます。血行を促進させることで神経の興奮を高めたり、反対に神経を鎮静させるなど、目的に応じて様々な叩き方があります。

*圧迫法(あっぱくほう)
手の付け根や指で患部を圧迫して刺激を与えます。血液やリンパの流れを促したり、痙攣や神経痛などを鎮めます。

*振せん法(しんせんほう)
手のひらや指でバイブレーターのように筋肉を震わせたり、手足を持って揺らします。震わせて刺激を与えることで血管を拡張させて血流を良くしたり、神経や筋肉の緊張をほぐします。

運動療法


運動療法は、ケガによって低下してしまった筋力を回復させたり、固まってしまった関節の動きをスムーズにするために行うものです。具体的には、柔道整復師が患者の手足を持って動かすものや、器具を使うもの、ストレッチなどが挙げられます。

特徴的な療法には、細かな運動を繰り返し行うことで関節の動きをよくする関節モビライゼーションや、手足を動かすことで関節にある固有受容器を刺激し、神経筋の反応を促すPNF(神経筋促進通法)などがあり、これらは整形外科などで行われるリハビリテーションに通じるものもあります。

物理療法

物理療法は、電気や光、冷却、水、音波などの物理的なエネルギーを利用して、身体が自ら回復しようとする力を促すものです。血行やリンパの流れをよくすることで、痛みやコリ、しびれなどの不快感を改善したり、筋肉の緊張を解くことでリラックス効果をもたらす治療法もあります。

このような物理療法は、先にご紹介した手技療法や運動療法など、他の治療法と組み合わせて行われることも多く、使用される機器はそれぞれの施設により異なりますが、代表的なものとしては次のようなものがあります。

*冷却療法
アイスパックなどを用いて患部を冷やします。炎症を抑えたり、痛みの感覚を和らげる効果があります。主に打撲やねんざ、筋肉痛など急性期の症状に対して使われます。

*温熱療法
ホットパックと呼ばれる過熱されたパックや、超音波や赤外線、マイクロ波などが発せられる器具を使用して、身体の深い部分の組織まで温めます。そうすることで血行がよくなり、新陳代謝が高まります。

主に慢性的な痛みなどの症状に対して使われます。

*水療法
水の圧力や浮力を利用した機器で、全身をマッサージしたり身体を温めたりします。血行を良くするだけでなくリラックス効果もあります。

*けん引療法
患部の位置に応じて腰椎や頚椎などを引っ張り、筋肉を伸ばしたり、ずれている椎間板を整えたりします。物理療法の中でもよく使用される方法です。

*電気刺激療法
電気刺激を神経や筋肉に与えることで、筋肉をほぐしたり老廃物の排出を促進します。低周波や、超音波、マイクロウェーブなどを利用した治療機器を使用します。

日本独自の医業である柔道整復。その施術方法には様々な種類があることがおわかりいただけたかと思います。

ねんざや打撲などの治療で整形外科では物足りないと感じた方や、回復を早めたいという理由から柔道整復のできる接骨院を選ばれる方も多く、当院でも柔道整復師による施術が可能です。

接骨院がくでは、患者様のお悩みやご希望をカウンセリングし、入念な検査により身体の状態をしっかりと把握した上で治療を行います。柔道整復だけでなく、整体やマッサージ、テーピングなど様々な方法から患者様にぴったりの治療を行いますので、気になる症状がある方、じっくりと治療をされたい方は是非、接骨院がくまでご相談ください。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから