「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

接骨院・整骨院と整体院、整形外科はどこが良いの?違いや特徴を解説

年々増える接骨院・整骨院や整体院ですが、それぞれ違いや特徴があります。どこにかかればいいかわからない!というあなたのために、ここでは接骨院・整骨院と整体院、整形外科の違いを解説しています。

接骨院・整骨院や整体院は街中で見かけることも多いですよね。これらには明確な違いがあることをご存知でしょうか?

今回は、接骨院・整骨院と整体院の違いや整形外科との違いについても解説します。

接骨院・整骨院と整体院の違いって?


名前が似ていて、やっていることも違いがよくわからないと思われがちな接骨院・整骨院と整体院ですが、どのような違いがあるのでしょうか?詳しく解説していきます。

接骨院・整骨院は国家資格がないと開業できない!


まず、接骨院と整骨院は同じものです。院によって名乗り方が違うだけですね。接骨院・整骨院は柔道整復師が開業している厚生労働省に認められた、医療行為を行う施設を指します。

国家資格である柔道整復師の資格の所有者のみが開業することができ、傷やけがの治療を行うことができます。

この柔道整復師は、文部科学省が指定した4年制大学や、専門の養成施設で3年間、運動学や生理学、解剖学、病理学、衛生学、リハビリテーション学などを履修し、臨床研修を行うことが義務付けられています。

筋肉や骨格、関節などに関する医療の専門知識を得た上で臨床研修を行い、最終的に国家試験をパスした人のみが手にすることのできる厳格な資格です。
医師のようにメスなどを使って手術を行うことはないものの、骨折や捻挫、脱臼、挫傷を治療し、私達の身体が元々持つ治癒力を高める医療行為を行うことが可能です。

一方、整体院は整体師やカイロプラティック師といった民間資格を所有する人が開業している施設のことを指します。

整体師は国家資格ではないので、柔道整復師に比べると資格の取得難易度は非常に易しいと言えます。
1~2年かけてしっかり整体師になるための専門知識を学ぶことができる養成所もありますが、数日参加するだけで資格を取得することができる講習会のようなものもあります。

開業の方法も非常に簡単で、整体師の方が税務署に届出をするだけで簡単に整体院を開業することができます。
極端な話、数日間のセミナーに参加して次の日に届出をすれば1週間もかからず整体院を開くことができるということです。

このような背景があるため、残念ながら専門知識を持たない方や治療経験が少ない方が開業している整体院は少なくありません。
そうした医院にかかってしまいますと、症状が改善しないどころか悪化してしまう可能性があるため、慎重に選ぶ必要があります。

接骨院・整骨院で受けられるのは「医療行為」


https://pixta.jp/photo/28098529
接骨院・整骨院で行われる主な施術は、具体的には以下の症状に対する治療になります。

*単純骨折、圧迫骨折、疲労骨折などの骨折の治療
*交通事故や転倒などにより負った打撲の治療
*ひじや肩が脱臼により外れてしまった時の治療
*筋肉や腱が伸びてしまう筋挫傷の治療
*手首、足首の靭帯を傷める捻挫の治療

このように接骨院・整骨院で行われるのはいずれも「医療行為」で、必要に合わせて薬の塗布やテーピング、ギプスの固定なども行われます。

一方、整体院で行われるのは身体の関節や骨格の歪みなどを矯正し、代謝や血流を改善するための健康法です。

中国医学や日本の骨法を取り入れている整体院や、カイロプラティックといった欧米式の健康法を取り入れている整体院があり、施術の方法は院によって異なります。

整体院で行われる施術はあくまで民間療法の範囲内とされているため、医療行為を行うことができる接骨院・整骨院とははっきり区分されています。

接骨院・整骨院は保険の適用が認められている


接骨院・整骨院は医療機関なので、病院に比べると一定の制限はあるものの健康保険の適用が認められています。
治療費は機材などを使用しなかった場合、初診が約1,500円、2回目以降は350~700円程度です。
整体院は健康保険の適用が認められず、全額自己負担となります。
治療費は初診が約2,000円、2回目以降は1,500円程度が相場のようですが、院によって大きく異なるようです。専門的な施術を行う整体院では、1回の治療に5,000円以上かかることもあります。

接骨院・整骨院と整形外科の違いは?

上述の通り、接骨院・整骨院は骨折、打撲、脱臼、筋挫傷、捻挫を治療する医療行為が行われる施設です。
整形外科も同様の治療を行う医療機関ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

整形外科では整体・鍼灸による施術は行われない


整形外科は医師免許を持った医師が開業しており、筋肉や関節の疾患を専門に治療する医療機関です。接骨院・整骨院と同様、治療や処方された薬には健康保険が適用されます。

整形外科では電気や湿布中心の治療メニューになることが多いようです。


整形外科でもリハビリを行う場合がありますが、接骨院・整骨院や鍼灸院で行われるような整体や鍼灸の施術は行われません。

整形外科では「画像診断」や「薬の処方」をしてもらえる


接骨院・整骨院では以下の治療が行われます。

*手技療法を施す

*テーピングや包帯で患部を固定する

*骨折、捻挫などのリハビリ

*低周波、超音波などの治療

 

一方、整形外科で行われる治療は以下の通りです。

 

*痛み止めなど注射や薬の処方


*レントゲン、CT、MRIなどの画像による検査


*軟膏や湿布を塗布する


*ギプスや包帯で患部を固定する



 

治療内容は似通っているように見えますが、「画像による診断」や「薬の処方」を行える点は整形外科のメリットと言えます。

レントゲンによる骨の検査、痛み止めの注射、薬の処方ができる

 

整形外科では接骨院・整骨院では処方されないような薬やブロック注射、レントゲンやMRIを使った画像診断を行うことができます。

ただし画像診断では、骨や関節にある問題を見つけることはできても、筋肉や靭帯に問題がある場合はなかなか発見できないことがあります。

通院しても改善が見られない場合は接骨院・整骨院に相談すると良いでしょう。

結局「接骨院・整骨院」「整体院」「整形外科」どこが良いの?

ここまでで接骨院・整骨院や整体院、整形外科の違いやそれぞれの特徴について解説しましたが、結局どこが良いの?と思われた方もいらっしゃると思います。

持っている資格や開業方法によってそれぞれはっきりと区分されてはいますが、それだけで「医者に診てもらえるから整形外科が良い」と判断できる訳ではありません。

なぜなら、院によってそれぞれ治療の方針や在籍している柔道整復師、医師、整体師それぞれの経験や施術方法が異なるからです。症状や相性に合わせて選ぶ必要もあるでしょう。

腱や筋肉の損傷や脱臼、ひどい関節痛、肉離れといった、整形外科などでは発見、治療するのが難しいこともある「筋肉や腱、関節に関わる症状」の治療は、その分野の専門知識を持つ柔道整復師が開院している接骨院・整骨院がおすすめです。
身体の状態や症状に合わせてマッサージやリハビリ、時には薬剤や機材を用いた治療が可能です。
接骨院・整骨院の治療はリラックス効果も高く、全身の筋肉や骨格のバランスを整えながら健康な身体を作ることができます。

保険適用によって、整体院に比べてかかる費用を抑えることができることもメリットの一つです。

あなたにぴったりの接骨院・整骨院を選ぶために


接骨院・整骨院によって治療方法や使用する機材などは異なりますので、通院前に院に直接問い合わせるなど、確認しておくと良いでしょう。

当院のお近くにお住まいの方は、ぜひ接骨院がくへお越しください。当然、何もなければそれが一番ですが、気になることがあればいつでもご相談してくださいね。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから