「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

四十肩・五十肩とよく似た症状の腱板断裂・石灰性腱炎とは?

40歳~50歳の方で肩の痛みがある場合、すぐに四十肩・五十肩と思ってしまいがちです。しかし、実は四十肩・五十肩と症状が似ている病気、腱板断裂・石灰性腱炎という場合もあります。ここでは腱板断裂・石灰性腱炎について解説しています。


肩に激しい痛みが生じることから、四十肩・五十肩と間違えられることもある腱板断裂・石灰性腱炎。しかし治療法は四十肩・五十肩と異なります。ここでは腱板断裂・石灰性腱炎とはどのような病気なのか、原因や治療法に加え、四十肩・五十肩と間違われる理由も解説します。

腱板断裂と四十肩・五十肩は腕を上下させることで痛みが出る!

どちらも腕を上下させる際に痛みが出て、痛みのために睡眠を妨げられます。
相違点は、腱板断裂の場合は、腕を上げる際、肩と水平に腕を上げるまでは痛み続けますが、それ以上高く上げると腕や肩はそれほど痛みません。
また、四十肩・五十肩では腕や肩が固まって動かなくなる症状がありますが、腱板断裂の場合は固まってしまうことはありません。

レントゲンによる診断では見過ごされてしまうことも

肩の痛みで病院に行った場合、レントンゲン撮影を行い、骨に異常が確認されなければそのまま異常なしとされ、腱板断裂は見逃されてしまうことが多いとのこと。筋肉までは調べないことが多いのです。

接骨院では腱板断裂か四十肩・五十肩のどちらかすぐにわかる!

自分で腕を上げることはできなくても人に腕を上げてもらうと腕が上がる場合は、四十肩・五十肩ではなく腱板断裂と考えられます。四十肩・五十肩の場合、腕を上げようとすると固まってしまい、上がりません。
接骨院で調べてもらえばすぐにわかります。

 

腱板が切れることで痛みが出る腱板断裂

腱板とは肩甲骨と腕の骨の間にあり、双方をつないでいる腱のことです。その腱板が何かしらの衝撃により切れてしまうのが腱板断裂です。外傷を負うような原因がなくても、腱板断裂を起こす場合もあります。切れてしまった腱板は自然治癒することはなく、そのままにしておくと、肩を動かすのが困難になることも。
50代~60代の人に多くみられます。また、若くてもスポーツや仕事などで肩を酷使した人には症状が出ることがあります。

腱板断裂は柔軟性を失うことで起こる!

腱板は年をとるごとに柔軟性を失ってしまい、若いときよりも切れやすくなります。
また直接的な原因としては、重い荷物を持ったとき、転んだり事故にあったりして肩を強打したとき、スポーツや仕事などで肩を酷使したことがきっかけで切れてしまうことが多いようです。
高齢の方の場合、日常生活の中で切れてしまうこともあります。

腱板断裂の治療

部分的な断裂で軽度の場合は、接骨院で治療を受けられます。負担がかからないように肢位で固定し、湿布やアイシングをしてしばらく安静にします。腱板筋力訓練も行う場合があります。この訓練は柔軟性を高め、腱が切れてしまうことを防ぐためのものです。
手術が必要となるのは、腱が完全に切れてしまった場合です。手術では切れた腱を骨に縫い付けます。負担の少ない内視鏡で手術も可能です。

石灰性腱炎と四十肩・五十肩は夜中に突然痛みを感じる!

石灰性腱炎は夜間突然、急激に肩の痛みを感じることから始まるケースが多いです。肩の痛みという点では同じですが、四十肩・五十肩の慢性的な痛みとは異なります。

四十肩・五十肩と思い間違った治療に通い続けるケースが多い

40歳〜50歳にかけて発症しやすいため、肩の痛みだから四十肩・五十肩だと思い込み、治療を続けてしまうケースが多いようです。
特に外傷も打ち身もあるわけではありませんので、そう思ってしまうのも仕方がない面もあります。

強烈な痛みは1週間程度で治まるため、そのまま放置することも

石灰性腱炎は発症し始めたときはかなりの痛みがありますので救急車を呼ぶ方もいます。ただし、その痛みは時間が経つにつれて和らぎ、慢性化しながらも痛みは軽減されますので、四十肩・五十肩だと思い放置してしまう方も多いようです。

腱板内に石灰の結晶ができる石灰性腱炎


石灰性腱炎は、肩の腱板内に石灰の結晶ができる病気です。できたばかりの石炭は液体なのですが、段々と固まって練り状になった後、石のように固くなってしまいます。さらに時間が経って大きくなっていくことで、腱板を破って滑液包内へと出ていき、肩に強烈な激痛を与えます。
40歳~50歳までの女性に多い病気です。

<h3>石灰性腱炎の症状には3つの現れ方がある</h3>

・「急性型」…発症後1~4週の間、強烈な痛みがある
・「亜急性型」…発症後1~6ヶ月の間、中程度の痛みが続く
・「慢性型」…運動をしたときなどに、慢性的な痛みが6ヶ月以上続く

<h3>石灰性腱炎の原因ははっきりしていない</h3>

石灰性腱炎は腱板内に石炭が溜まってしまうことによって起こる病気ですが、なぜ石炭が溜まってしまうのかは、はっきりした原因は未だにわかっていません。女性に多いことから可能性の1つとしては体質的なもの、それから運動のしすぎという可能性も考えられるそうです。

<h3>石灰性腱炎の治療は接骨院がおすすめ!</h3>

 石灰性腱炎の痛みはいずれなくなってしまうことが多いです。石灰成分が自然に吸収され、なくなってしまうことが多いからです。
急性型の場合は、痛みが激しいため、痛みをできるだけ早く和らげるよう、注射で沈着した石灰を吸い上げて取り除く治療を行うことも多いようです。

その後も痛みが残る場合は、接骨院で特殊電気療法、手技療法などを受けることで痛みが軽減し、より早く肩の可動性を回復させることができます。
 急性型以外の亜急性型、慢性型では、石灰が硬くなってしまいそのまま残ることで、時々痛みが再発してしまうことも。その痛みで運動が困難になってしまう場合には手術を行うこともあるようです。


腱板断裂・石灰性腱炎は四十肩・五十肩だと勘違いしていると、正しい治療を受けられず痛みが長く続いてしまうことがあります。
現在肩の痛みがあって、症状が長い間続いている方は、一度接骨院で診断を受けてみてはいかがでしょうか。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから