「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

スマホ腱鞘炎の治療 接骨院がく伊勢崎韮塚院

■スマホの使い過ぎで腱鞘炎になる?


メールは勿論、いつでもどこでも調べ物をしたりナビに使ったり、ゲームや小説を楽しんだりもできる便利なスマホですが、それ故に毎日スマホが手放せない!暇さえあればスマホをいじっているという人は少なくありません。そんなスマホのヘビーユーザーが発症しやすい手や指の腱と腱鞘の炎症が俗に「スマホ腱鞘炎」と呼ばれるもので、現在老若男女を問わず急増しているようです。

 

そもそも人の手はスマホのような小さすぎるキーを打つのに適していないため、過度にスマートフォンを使用するとそれだけ負荷がかかってしまうのですが、加えてスマホの操作は腱鞘炎になりやすい特有の動きや姿勢を取る為、なおのこと発症しやすいわけです。

 

■スマホで腱鞘炎になる原因


外出中にスマホをいじる場合、片手にカバンなどを持ちもう片方の手だけでスマホを操作することが多いですが、その場合親指以外の指と手のひらでスマホを支え、フリーになっている親指だけで操作をします。この偏った筋肉の使い方により手や腕の筋肉や関節に余計な負担がかかってしまいます。両方の手でスマホを持つ場合であっても、基本的に親指操作になってしまうことが多く、親指とその根元の腱や腱鞘だけ異常に酷使することで炎症が起こります。

 

そのうえスマホ操作中はずと複数の関節を曲げた状態になりますし、体全体が前方へうつむき加減となるため首や肩の筋肉も凝ってしまい、血行が悪くなって腱鞘炎を起こしやすくしてしまうのです。これらの要因により手首の親指側におこる腱鞘炎を、「ドケルバン病」と呼びます。

 

ドケルバン病かどうかのセルフチェック法として、親指を中に入れるようにして握りこぶしを作り、その手首を小指側に曲げてみた時に痛みを感じるなら陽性という、「フィンケルシュタインテスト」というものがあります。

 

■スマホ腱鞘炎(ドケルバン病)の予防や治療法は?


スマホ腱鞘炎は同じ姿勢で指や手の同じ部分にずっと負荷をかけ続けることで起こりますから、スマホを利用する際にも時々その指や手の負荷を解いてやり筋肉を解し血行を良くしてあげることが予防に繋がります。そんなスマホ予防ストレッチの1つをご紹介しますね。

 

まずスマホを持つ方の手の手首をもう片方の手で握り、手首の骨の出っ張っている部分を探します。その骨の出っ張り部分を両サイドから中央へ向けて圧迫するような気持ちで握りましょう。スマホを持つ方の手は力を抜いて、手先をダラリと脱力させた状態で、握っている方の手で手首を10秒間揺すります。これを3回程繰り返しましょう。

 

残念ながら予防効果がなくスマホ腱鞘炎で痛みを感じるようになったなら、まずは当院「接骨院がく伊勢崎韮塚院」にご相談ください。スマホ腱鞘炎を含め腱や筋肉、関節に関係した症状に特化していますので、1人1人の症状に最も適した治療法で早期回復をお手伝いいたします。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから