「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

ストレスからくる肩凝り・頭痛とは?不定愁訴の治療なら接骨院がく伊勢崎韮塚院

■ストレスと肩凝りの関係


ストレスは様々な疾患の原因になり得ますが、肩凝りもその1つ。ストレスからくる肩凝りは主に自律神経の乱れに関係しています。

自律神経には日中の活動の際に優位に働く交感神経と体や神経を休めてリラックスさせる際に優位に働く副交感神経とがあり、本来必要な時間帯により交互に入れ替わってバランスを取りながら働くのですが、慢性的に強いストレスを感じると体はそのストレスと闘うために攻撃耐性、つまり交感神経ばかりを働かせます。

こうして自律神経のバランスが崩れると交感神経によって筋肉や血管が収縮し血行不良を招き、これが肩の筋肉も疲労して肩凝りとなるわけです。

 

■ストレスと頭痛の関係


ストレスが頭痛を引き起こすのも肩凝りと同じメカニズムで、自律神経が乱れ交感神経が過剰に働いて頭部の筋肉までも収縮させるために起こります。また頭痛の場合、ストレスを受けたときに脳の副腎皮質から分泌される「コルチゾール」というホルモンも関係しています。

 

このコルチゾールには体液量を増やして血圧を上げるという作用があるため、ストレスによりコルチゾールが分泌されると脳の血液量も増えて血管が収縮・拡張し、血圧が上がることで頭痛が起こるのです。

 

■ストレスによる肩凝りや頭痛が起こりやすい人


ストレスは誰でも抱えるものですが、それによって頭痛や肩凝りを発症する人もいれば平気な人もいます。これは体質も関係しますが、本人の性格も大きく影響を及ぼします。

 

例えばまじめすぎる人、完璧主義の人、周囲からの評価を過度に気にする人、柔軟性に欠ける人などは実際に受けている以上のストレスを感じ、いわばストレスを自分の中で「増大」させてしまうため肩凝りや頭痛などの不定愁訴を発症させてしまいやすいとされています。

 

■ストレスによる肩凝り・頭痛の解消法


ストレスが原因なわけですから、ストレスの元となっているものから離れれば肩凝りや頭痛もなくなります。ストレスと聞くと人間関係などを思い浮かべる人が多いですが、実際にはコンピューターやパソコンの使い過ぎによる筋肉疲労や眼精疲労もストレスのうちですし、骨盤の歪みなど構造的なストレスもあります。

 

これらが原因であれば、当「接骨院がく伊勢崎韮塚院」での治療も可能です。筋肉や骨、関節などを専門とする柔道整復師の診察と手技、最先端機器により体全体の調子を整え体質から改善することができます。また精神的なストレスを感じるなら、その発散方法を見つけ定期的にストレスを解消するようにしましょう。

 

ストレス解消法は人によって様々ですが、適度な運動はその中でも特にお勧めの方法です。適度な運動はそれ自体ストレス発散になるうえに、筋肉を動かすことで凝りを解し血行を良くするため、肩凝りや頭痛改善にも直結します。また睡眠や栄養バランスの取れた食事も心がけるようにしましょう。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから