「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

腰痛について

腰痛の原因は、人それぞれ異なります。スポーツや事故による突発的な痛みや、お仕事による慢性的な痛みまで様々です。腰の痛みにお悩みの方は、群馬県伊勢崎市の接骨院がく伊勢崎韮塚院までお気軽にご相談ください。当院で腰痛について適正に判断し、治療いたします。

どうして腰痛が起こるの?腰痛の原因とは
腰痛の原因は、人によって異なります。スポーツが原因の方もいれば、事故や仕事が原因の方もいます。あなたも腰痛の原因として心当たりがないでしょうか?

スポーツが原因
人とぶつかり合うような激しいスポーツでは、強い接触が起こる可能性があります。このような運動中のトラブルが、腰に突発的な痛みを生じさせる原因となっているかもしれません。

事故が原因
交通事故を始めとした思いもよらない事故の衝撃で、腰に負担をかけたのが腰痛の原因となることもあります。

デスクワークや仕事が原因
長時間のデスクワークや、腰に負担をかけやすい作業など、普段の仕事が原因となって慢性的な腰痛を引き起こすことがあります。

生活習慣が原因
腰に負担がかかりやすい猫背の姿勢や、重心が後ろにかかりやすいハイヒールなど、思いがけない生活習慣が腰痛の原因となっているケースも考えられます。

腰痛にはどんな種類がある?
私たちが腰のあたりに痛みを感じ“腰痛”と呼んでいるものには、実は様々な種類があります。腰痛症・変形性脊椎症・腰椎分離症・腰椎変性すべり症・腰部脊柱管狭窄症・骨粗しょう症・ぎっくり腰など――“腰痛”には、想像した以上に種類が多いのです。

接骨院がく伊勢崎韮塚院の腰痛治療
当院では、治療の前に丁寧なカウンセリングを行い、しっかりと腰痛の原因を見極めてから施術に入ります。もちろん、アフターケアも充実していますので、腰痛でお悩みの患者さんに安心して通院いただけます。

治療前のカウンセリングを重視
腰痛の原因は人によって様々です。また、突発的な痛みから慢性的な痛みまで、症状もそれぞれ異なります。そのため、当院では治療前のカウンセリングを重視し、患者様の身体の状況や生活習慣から、しっかりと原因を突き止めるのを目標としています。

充実の腰痛治療とアフターケア
接骨院がく伊勢崎韮塚院では、柔道整復師による手技と最新の機器による治療を組み合わせて、患者様の身体にもっとも合った腰痛の治療計画をご提案いたします。それに加えて、普段の生活についてのアドバイスや、自分でできるトレーニング・ストレッチの方法など、充実したアフターケアもご提供いたします。他の医療機関や施術所で改善がみられなかった腰痛も、ぜひ一度当院へご相談ください。

腰痛の種類と治療方法にについて

腰痛症、変形性脊椎症、腰椎分離症、腰椎変性すべり症、腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、ぎっくり腰など

 

腰痛は様々な原因により起こる症状です。
突発的な腰痛や慢性的な腰痛など人それぞれの生活習慣なども関わってきますので当院ではカウンセリングを非常に重要視しております。カウンセリングにより、まず原因を突き止めて治療に入ります。治療に関しては手技、最新治療機器による治療、普段の生活アドバイスやトレーニング・ストレッチ方法など治療後のアフターケアも充実しております。色んな病院や整骨院・整体院などに通ったが一向に良くならない方やそもそもどこに行けばいいのか分からず辛い腰痛にお悩みの方は当院へお気軽にお越し下さい!丁寧にご対応を致します。

腰椎ヘルニアについて

腰痛持ちの方で、腰以外のところに症状を自覚している人はいませんか?
具体的には、足にしびれを感じる症状です。
特に前かがみになったときに腰の痛みや足のしびれが強くなれば、椎間板ヘルニアを発症している可能性が考えられます。
ちなみに椎間板ヘルニアは、慢性・急性腰痛両方とも発症するケースがあります。下半身にしびれを感じるのであれば、椎間板ヘルニアを発症している可能性が極めて高いです。
下半身のしびれは、通常左右どちらかの足に症状の出ることが多いです。
悪化すると、お尻からつま先まで広い範囲でしびれを起こしてしまいます。しびれでうまく歩けなくなる人もいます。



背骨は硬い骨の椎骨と軟骨の椎間板が交互に組み合わさることで構成されています。
椎間板はゼラチン状の髄核を中心として、それを取り囲むように線維輪という軟骨が取り囲んだ形状をしています。
椎間板があることで、背骨にかかる衝撃をクッションのような役割で逃してくれます。
ただし椎間板は20歳をピークにして、徐々に老化が進んでいきます。
そして弾力性が失われ、そこに大きな衝撃がかかると髄核が押しつぶされる、周りの線維輪にひびが入るなどでダメージを受けます。
さらに髄核が線維輪から飛び出してしまうことがあります。
これが椎間板ヘルニアのメカニズムです。
飛び出した髄核が腰椎の内側に走っている神経に触れるので、痛みやしびれが起こりやすくなります。



椎間板ヘルニアは、上で紹介した腰や足に痛み・痺れが起こることもあります。
しかし神経の圧迫が強くないと症状が現れないケースも出てきます。
ある研究によると、腰痛の自覚のない人の中で85%の方が、椎間板の劣化・変形が見られたといいます。
しかも76%もの人が上で紹介したヘルニアの状態になっているという結果が出ました。
このように自分が知らない間に椎間板ヘルニアを発症していたということもあります。



椎間板ヘルニアは、男性に発症するケースが多いようです。
椎間板の老化が始まっていない10代と逆に、完ぺきに硬くなってしまい髄核がつぶれにくくなった60代以降以外の年代であれば、発症する可能性は誰でもありえます。
重たい荷物を持つことが多い、座りっぱなし・立ちっぱなしの仕事をしている、激しい運動をしている人は発症リスクが高いので注意したほうがいいでしょう。
もともと過去に大きな腰のけがを起こしたことがある、腰に疾患を抱えたことのある人は損傷を受けている可能性が高いです。



もし上で紹介した症状に心当たりがあれば、接骨院がく伊勢崎韮塚院にご連絡ください。
症状などをお聞きした上で、見合った施術を実施してまいります。
まずは相談からという方でも歓迎しておりますので、気軽にお問い合わせください。



脊柱管狭窄症について

健康関係の特集で、しばしば腰痛の一形態として脊柱管狭窄症という症状が紹介されます。
ですから脊柱管狭窄症という名称を耳にしたことのある人も結構多いかもしれません。
脊柱管狭窄症になるとただ単に腰に痛みを感じるだけでなく、ほかにもいろいろな症状が現れます。
その中でも足に痛みやしびれの発症する人が多いです。
歩くときに痛みやしびれで長時間歩行できない人はいませんか?
少し歩いて休んで、症状の軽くなったところでまた歩くといったことを繰り返しているのであれば、脊柱管狭窄症の可能性が高いです。
もし心当たりがあれば、上体を後ろにそらせてみましょう。
もし痛みやしびれが増すのであれば脊柱管狭窄症の可能性はさらに高くなります。
またこれはすべての患者さんに現れるわけではないですが、下半身が冷たく感じる、股間に妙な熱さを感じる、夕方や天気が崩れると痛みやしびれがひどくなるというケースも見られます。



脊柱管狭窄症は、脊柱管というところで発症しています。
脊柱管とは背骨の内側にある空間のことで、せき髄などの神経がたくさん通っています。
脊柱管が老化や病気、けがなどによって空間が狭まってしまうことがあります。
さらに先天的にもともと脊柱管がほかの人と比較して狭いというケースも見られます。
もし脊柱管が狭くなってしまうと、中を走っている神経が圧迫を受けやすくなります。
その結果痛みを感じる、しびれなど感覚がおかしくなるといった症状が出てしまうのです。



脊柱管狭窄症は年齢が上になればなるほど、発症のリスクが高まります。
先ほども紹介したように脊柱管が狭まってしまう原因として、老化が関係しているからです。
個人差はありますが、50歳以上になると脊柱管狭窄症を発症してもおかしくないと思ったほうがいいです。
70~80代に差し掛かると、多かれ少なかれ脊柱管狭窄症が原因の腰痛を感じるようになるといわれています。
特にその中でも、若いころから腰痛持ちだった、腰のけがを繰り返し起こしたことのある人は腰椎が変形している、もしくは疲弊しているので発症リスクが高まります。
さらに常日頃から背筋を伸ばすことの多い人も、体の重心が後ろに行くので脊柱管に負担をかけやすいです。
また趣味でゴルフをしている人も多いでしょう。
ゴルフのスイングは脊柱管を圧迫しがちなので、脊柱管狭窄症の発症リスクが高いといわれています。
中高年でゴルフが好きという人も多いですから、特に注意しましょう。



接骨院がく伊勢崎韮塚院では、脊柱管狭窄症に悩んでいる人への施術を行っております。
症状や悩みを丁寧に聞き取りしたうえで施術を実施します。
もし脊柱管狭窄症で痛みやしびれを何とかしたいと思っているのなら、接骨院がく伊勢崎韮塚院に一度ご相談ください。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから