「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

腰痛と内臓の関係 接骨院がく伊勢崎韮塚院

●その腰痛、内臓の病気が原因かも

 

腰痛にはさまざまな種類がありますが、なかには内臓の病気が原因による危険なものもあります。

 

一般的な腰痛では慢性的な腰痛や、ぎっくり腰などが知られています。

 

これらの腰痛では筋肉のコリや、椎間板が神経にさわっていることなどが原因です。

 

しかし内臓の病気が原因の病気の場合、命の危険にかかわるものがあります。

 

●こんな症状がでたら、迷わず病院へ

 

・おしっこや便の異常

 

腰痛に加えて、おしっこが出にくい、おしっこの出が悪い、知らないうちに失禁をしている、血尿が出る、便秘でお腹が苦しいなどの症状がある場合は、何らかの内臓の病気である可能性があります。

 

椎間板ヘルニアなどの腰痛でもこのような症状が出るケースはありますが、尿や便に異常がある場合は、すぐに病院で診てもらってください。

 

特に尿と便の失禁がある場合は、早急に手術をしなければ命にかかわることがあります。

 

・発熱を伴う腰痛

 

発熱を伴う腰痛も危険です。細菌が背骨に入って感染している可能性や、何らかの病気の疑いがあるからです。

 

・腰の痛みが悪化するケース

 

一般的な腰痛は、しばらく安静にしていると徐々に痛みが和らぎます。

 

安静にしているのに、痛みが和らぐどころかますます強くなる場合は、何らかの異常が起こっている可能性があります。

 

たとえば骨に腫瘍ができているケースなどが考えられます。

 

 

・空腹時に痛む

 

お腹が減ると腰が痛くなり、食事をすると痛みが和らぐなど、食事と痛みが関連している場合も病気を疑いましょう。

 

・生理のときに痛む

 

生理になると腰が痛む場合は、子宮の病気が原因の場合があります。

 

●内臓の病気から来る腰痛

 

お腹には胃や腸、肝臓などさまざまな臓器が納められており、これらの臓器は腹膜と呼ばれる膜で覆われています。

 

腹膜の後ろには十二指腸や膵臓、腎臓などがあり、これらは後腹膜に覆われています。子宮は半分が腹膜に、半分は後腹膜にあります。

 

 

特に後腹膜は背中側に位置しますから、後腹膜内の内臓に異常が生じると、それが腰の痛みとなって現れることがあります。

 

 

しかし内臓の病気が原因の腰痛は、腰痛全体の約1%と非常に少なく、めったに現れません。

 

しかし、がんなど重篤な病気が隠れていることもあり、このような場合は命に関わりますから、原因不明の腰痛や、腰痛以外の症状も併発している不安のある方はは、すぐに病院で診てもらいましょう。

 

腰痛を引き起こす内臓の病気はさまざまです。主な病気として尿路結石や子宮内膜症、子宮がん、十二指腸潰瘍、肝炎、腎盂腎炎、膵炎、膵臓がんなどがあります。

 

接骨院がく伊勢崎韮塚院では十分なカウンセリングを行い、腰痛の原因を確認してから適切な施術を行っています。腰痛に関する悩みは、当院までお気軽にご相談ください。

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから