「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。 「近くにあってよかった」そう思ってもらえるのが私たちの喜びです。

坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアの違いって?症状や治療についてご紹介 接骨院がく伊勢崎韮塚院

坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニア。どちらも腰痛を連想しますが、坐骨神経痛とは症状のことであり、腰椎椎間板ヘルニアとは坐骨神経痛を引き起こす病気のことを言います。ここでは坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアについてと、これらの治療法についてご紹介します。

「坐骨神経痛」と「腰椎椎間板ヘルニア」。どちらも腰痛や歩行困難などが生じ、治りにくいイメージがあると思います。実はこの2つ、それぞれ違う疾患というわけではなく、ほとんど同じものなのです。

今回は、そんな坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアについてと、これらの治療法についてご紹介します。

 

坐骨神経痛は症状、腰椎椎間板ヘルニアは疾患の名前


先ほど「坐骨神経痛」と「腰椎椎間板ヘルニア」は「ほとんど同じもの」と書きましたが、「坐骨神経痛」は症状のことであり、「腰椎椎間板ヘルニア」とはその症状を引き起こす病名のことを言います。つまり、風邪の症状として発熱や咳が出るのと同じで、腰椎椎間板ヘルニアという病気のために坐骨神経痛が起こる、というわけです。

そして、咳が出ない風邪があったり、違う病気でも熱が出るのと同様に、腰椎椎間板ヘルニアだからといって必ずしも坐骨神経痛が起こるわけでもなく、坐骨神経痛が起こったから腰椎椎間板ヘルニアだと診断されるわけでもないのです。

坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアの違いについてはわかったものの、この2つの関係性がわかりにくくなってしまったかもしれませんね。では、まずは坐骨神経痛について詳しくみてみましょう。

 

坐骨神経痛は腰から足にかけて症状が出る


坐骨神経痛の「坐骨神経」とは、腰から足にかけて伸びている神経のことで、この神経が圧迫されたり刺激されることで様々な症状が起こります。最初は腰痛から始まることが多く、そこからお尻や足先へと症状が現れていきます。一部に強い症状が出る場合もあれば、足全体に出る場合もあり、主な症状としては次のようなものがあげられます。

*腰、お尻、太もも、すね、ふくらはぎ、足のしびれや痛み
*足に力が入りにくい
*歩くと痛みがひどくなり、歩けなくなる
*左右で足の筋肉の太さが違う
*焼けるような痛さや冷たい感じがする
*何もしていなくてもお尻や足が痛くて眠れない
*座ると痛くトイレなどに支障が出る

 

坐骨神経痛の原因となる疾患は大きく3つ

坐骨神経痛の原因となる疾患は受診時にはっきりと原因が特定できないことも多く、その場合はいくつかの検査や投薬、リハビリなどの治療の経過から原因となる疾患を特定します。
坐骨神経痛の症状がある場合、腰の骨(腰椎)のどこかが坐骨神経を圧迫している可能性が高く、その神経の圧迫の仕方によって病名が異なります。坐骨神経痛の原因となる疾患には様々なものがありますが、代表的なものとして次の3つの疾患があげられます。

 

腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア


比較的年齢の若い人に多いのが腰椎椎間板ヘルニアです。
腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の骨(腰椎)と骨の間にある椎間板というクッションの役割をする軟骨の、さらに中にある髄核(ずいかく)という部分が、負荷を受けるなど何らかの理由で押し出され、神経を圧迫することで痛みや神経障害が起こることをいいます。
加齢によるものをはじめ、スポーツや仕事などでの日常的な腰への負荷や、ストレスなどが原因として考えられていますが、近年の研究により、遺伝的背景によっても腰椎椎間板ヘルニアが起こることがわかってきています。

 

腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)


腰部脊柱管狭窄は、背骨(脊柱)の中にあり神経が通っている脊柱管と呼ばれるトンネル状のものが、腰や背中への負荷により変形し、中の神経を圧迫している状態のことをいいます。中高年の人に多く、痛みやしびれが発生します。
特徴的な症状としては「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」があり、これは、しばらく歩くと痛みやしびれが出て歩けなくなり、しゃがんだり座ったりして休むと症状が軽減してまた歩くことができる、というものです。
主な原因は加齢によるものですが、長時間運転したり、重い物を持ち上げるなど、腰に負担がかかる仕事に従事する人にも起こりやすい傾向があります。また、脊柱管が生まれつき狭いなど、先天的な原因によるものもあります。

 

腰椎すべり症


腰椎すべり症は、腰の骨(腰椎)が前方にずれる(すべる)ことによって脊柱管が狭くなり、腰部脊柱管狭窄と同様に神経を圧迫して痛みやしびれが発生するものです。そのため腰部脊柱管狭窄と同様に間欠性跛行の症状が出ることがあります。
原因としては、加齢による椎間板の機能低下や筋力の低下、姿勢が悪いことで腰骨や背骨に負担がかかり続けることなどが考えられ、腰に負担のかかるスポーツをしている場合は若年層でも発症することがあります。
また、更年期の女性に多い変性すべり症と呼ばれるものは、女性ホルモンの減少によって骨粗鬆症が進行し、骨が支えられなくなることが原因と考えられています。その他にもケガや事故、先天的なものや発育性のものもあります。

 

坐骨神経痛の治療方法とは

坐骨神経痛の症状がある場合、その原因となる疾患が何であるかにかかわらず、まずは痛みを緩和させる治療を行います。
治療には非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)などを用いて痛みを止める薬物療法や、局所麻酔により痛みの伝わりを止める神経ブロック療法、運動やマッサージ、温熱等を組み合わせて身体機能を回復させる理学療法(リハビリテーション)などがありますが、これらの治療で効果が見られなかったり、手術によって取り除くことが可能な原因である場合は手術を行うこともあります。
いずれにせよ、決まった治療法があるわけではなく、一人ひとりに合った方法をみつけて治療を行っていく必要があるのです。

 

坐骨神経痛かも、と思ったら?整形外科と整骨院を使い分けよう!


ここまでで坐骨神経痛がどういったものかについて、おおよそおわかりいただけたかと思います。では、坐骨神経痛かも、と思った場合には、どこを受診すれば良いのでしょうか。

 

整形外科でできること


坐骨神経痛かも、と思った時、運動や外傷など原因に心当たりがある時もあれば、そうでない場合もあります。筋肉や骨格に異常がある場合や、内蔵疾患が原因だったという場合もありますので、まずは整形外科を受診し、レントゲンや必要に応じてMRIなどの検査を行って、原因が何であるかを調べましょう。
そして原因が特定された場合も、原因がはっきりしない場合も、投薬やブロック注射などにより、今起こっている痛みを緩和するための処置を行います。基本的に整形外科での坐骨神経痛の治療は、薬などで痛みを感じないようにしながら自然と治ることを目的とする「保存療法」が主流となるため、検査をすることがメインと考えてよいでしょう。

 

接骨院(整骨院)でできること


接骨院(整骨院)の場合、医療機関ではありませんので、レントゲンや投薬、注射などはできません。しかし、接骨院(整骨院)ではマッサージや電気療法、整体など、整形外科より治療の方法に幅があり、身体全体での調整を行うことができます。そのため、すぐに痛みなどの症状を取り除くのではなく、じっくりと根本から治していく、というイメージをされるとよいかと思います。
整形外科で坐骨神経痛の原因がわかって治療をしているにもかかわらず、症状が改善されない場合や、骨格のゆがみなどが原因とされる場合に接骨院(整骨院)を併用して症状が改善されたという例も少なくありません。
また接骨院(整骨院)では日常生活での姿勢やストレッチといったアドバイスなどもしてくれるので、病院より気軽に身体全体のことを相談できるでしょう。

坐骨神経痛は、原因がはっきりしているものについては、病院で適切な治療を受けることが重要です。しかし、原因がはっきりせず、病院の治療だけでは改善しないもの、姿勢など生活習慣が原因と考えられるもの、症状が度々起こるものに関しては、一度接骨院(整骨院)に相談されることをおすすめします。

 

坐骨神経痛でお悩みなら接骨院がくへ!


接骨院がくでは、問診、視診、触診など、様々な方法で症状の分析を行い、患者様の希望や目標に合わせた治療を進めさせていただきます。お客様が納得するまで治療を受けられるように、治療時間は負担の少ない30分〜1時間程度、1回の費用も初診料込みの3割負担で2,500〜3,000円、2回目以降は900円〜1,500円程度とできるだけお安く設定させていただいております。
坐骨神経痛にお悩みの際は、是非一度、接骨院がくまでご相談ください。

 

接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから接骨院がく  tel:0270-50-7833 メールでのお問い合わせはこちらから